スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講演会案内 地理情報システムを使った情報共有の可能性

筆者:事務局


2年前の今日7月13日、あの悪夢がよみがえります。私は仕事のため長岡で打ち合わせをしていました。夕方「(私の住む)今町の方、洪水大変なようよ」と知り合いの方からきき、床上浸水くらいは覚悟していました。道路が大渋滞のため、あせっても仕方ないとファミレスで夕食をとって夜の9時ごろ国道を通って帰宅の途につきました。途中見附大橋からみた刈谷田川の水位のすごいこと。刈谷田川堤防はいつものジョギングコースだったのですが、道が見えない。帰宅してすぐに今町大橋に自転車で向かいました。すると、今町側の堤防には人がずらっとならび、対岸をみると堤防が20Mくらいに渡って決壊してそこへ水がじゃんじゃんと流れている・・・中之島側の堤防が決壊したために水が中之島側へ全部流れていき、
今町は大きな被害もなく済んだようでした。亡くなられた方のご冥福を心からお祈りいたします。

さて、今実に多くの団体や企業が、防災のための色んなシステムやグッズを開発しています。いざ災害になると、様々な会社が自分たちのグッズの有効性を証明したいとやってきます。私も実際に経験しましたが「おいおい、人命と商品の知名度あげるの、どっちが大切なんだよ」と言いたくなるような時もありました。結局は、いいものであっても使いやすいものでなければ使われません。自分たちのニーズにあった使いやすいものを、普段から検討して選んでおき使っておくことが必要かと思います。

そういったツールの1つとして最近、電子地図情報を活用したものが、注目を浴びています。たとえば、皆さんの自宅が衛星写真で簡単に見れるサイトがあるのをご存知でしょうか?http://maps.google.co.jp/
これって、おそろしいですよね。住所さえ分かればとりあえず屋根の色や家の大きさはばれてしまう。でも災害のときには、災害の状況が一目瞭然で知ることができます。こういったものも活用して、防災にも役立てる仕組みがなされています。

GISはGeographic Information Systemの略で、日本語訳としては”地理情報システム”という語が当てられています。これは地図等の2次元情報だけでなく、高い、低い等の3次元の情報も含めて、コンピュータを使ってすばやく分析して、災害対策等に役立てて行こうという技術です。カーナビだけでなく携帯にまでGPSがつく今の時代、実際の現場でGISの技術を生かそうとお考えの先生のお話をきいてみませんか?

手話通訳がつきます。会場設置の都合がございますので、手話通訳ご希望の方はhdedu_office@yahoo.co.jpまでご連絡ください。

------------以下、案内------
 
「GIS(地理情報システム)を使った情報共有の可能性
  ~新潟県中越地震復旧・復興GISプロジェクトの活動から~」

日 時  7月17日(月) 19:30開始
場 所  中央公民館(柳原分庁舎)401教室 長岡市柳原町2-1
講 師  澤田 雅浩さん (長岡造形大学) 
内 容 
近年,情報処理技術の向上に伴って,GIS(地理情報システム)を活用した情報共有も身近なものになってきました。GISとは何か?それで何ができるようになるのかについて中越地震での実際のプロジェクトを通じて考えましょう。

------------主催者について---------------
***公式HPを大幅にリニューアルしました。***
桑原 望(くわばらのぞむ)事務所
〒940-0071 新潟県長岡市表町1-4-3
TEL/FAX 0258-37-3969
e-mail: nozomu@pop21.odn.ne.jp
http://nozomu.info/ (桑原望公式サイト)
http://blog.livedoor.jp/nozomu2061/(活動報告blog版)
http://blog.livedoor.jp/nozomu69/ (復興ブログ)
http://blog.livedoor.jp/yume224/(子育て奮闘記)
-----------------------------------------

★当法人の政治関連の手話通訳者派遣の姿勢・意図★
情報弱者の多くも選挙権を持っているにもかかわらず、実際は政治家1人1人の政策や思想を知るのに困難な状況があり、事実上選挙権を行使できない状況にあります。H&Dエデュケーショナルは、所属党派、会派に関わらず、情報弱者に対して自らの政策を積極的に情報発信、情報保障をしようと尽力されている政治家の皆さんに手話通訳者を派遣しています。お問合せはTEL:050-1398-2615まで

テーマ : ボランティア活動から得たもの
ジャンル : 福祉・ボランティア

事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。