スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉日報記者の行動は適正な判断

筆者 事務局

腕章を貸した記者は、編集局長から「厳重注意」を受けたとのこと。

人質の命がかかっているのに「軽々しく腕章を貸した」などと騒ぐ人間っているのでしょうか?

大沢克之助編集局長の発言は、つまり「騒がれる前に自分で騒げいどけば傷が浅い」という事だと思うが
現在の異常なマスコミの自己規制の一端をみた気がする。

バス立てこもり:千葉日報記者が捜査員に腕章貸す(毎日jp)

千葉日報社(千葉市中央区)は16日、千葉市で起きたバス立てこもり事件の現場取材をしていた男性記者(28)が、自社腕章を千葉県警の捜査員に貸していたことを明らかにした。

コメントの投稿

非公開コメント

事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。