スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPPに賛成?反対?

筆者 事務局

TPP参加の問題は日本の行く末に大きな影響をもたらす問題だと思う。

TPPとは、Trans-Pacific Partnership(環太平洋貿易協定)の略。
農業、繊維、医療品、工業、電気通信、環境、労働、知的財産権などの24の分野で関税を100%撤廃しようというもの。

テレビで色々話を聴くが、どんなメリットがあるのかどうもはっきり分からない。

「みんなが参加するから、日本も」
「国際協調が大切だ」

というノリしか感じられない。

この間関西テレビの「たかじんの何でも言って委員会」で、みんなの党幹事長の江田憲司氏が
「TPP交渉に早く参加してルール作りの主導権を握らねばならない。後から参加してもルールは作れない」
と言っていた。

こういう風に言われると

「乗り遅れちゃいけない」
「他の国がみんな参加するなら、日本も参加しなきゃまずいんじゃないの?」

と、感じてしまう。が、本当にそうなのだろうか?

まず現在参加の意向を表明している国はどこなのか、調べてみた。

・アメリカ
・オーストラリア
・シンガポール
・ニュージーランド
・ブルネイ
・チリ
・ペルー
・ベトナム
・マレーシア

なんだ、9カ国のみ。みんなが参加する訳じゃない。
あれ、今後経済成長が見込まれるBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)、どこも入っていない。
お隣の韓国も入っていない...。

これ、つまりアメリカが主なお客様ということになる。

他の国は市場規模小さすぎ。残り8カ国のGDP全部足してもアメリカの8分の1以下。

今アメリカは超不景気と聞いている。
そのアメリカは財政支出を減らし輸出をさらに増大させるというのがオバマさんの方針。

オバマ大統領、景気刺激を支出増から輸出促進にシフト
http://jp.wsj.com/US/Politics/node_80505

アメリカさまに安全保障をほぼ100%と言っていいくらい委ねていて、おまけに外交交渉力の弱い日本は、アメリカさまのいう事をきくしかないじゃないか。輸入を減らして輸出を増やそうと言う国に、日本からの輸出をさらに増やすなんてできるの?
実質的にできないでしょ。

外務大臣の玄葉さんは、TPP参加のメリットとして「アジアの内需は日本の内需として考えないと...」と言っていたが、TPP参加国で、内需を取り込むことで日本の経済効果があがるアジアの国は一体どこ?アメリカ以外の国8ヶ国合わしてもGDPは日本の半分以下なのに。


玄葉外相「TPP、政府内で意思統一」 各閣僚が会見
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E2E0E2E7E68DE2E0E2EBE0E2E3E39797E3E2E2E2

TPP参加国が現在のままでは、アジアの内需を日本に取り込んでも市場規模が小さすぎてメリットない。

それどころかアメリカに日本の内需を取られてしまう可能性の方がはるかに大きい。

アメリカにとっては日本がTPPに参加しなければ大きな経済効果は見込めない。
日本は絶好のカモになってしまう。

本当はTPPに参加できるくらい、日本が外交的にも経済的にも強ければいいんだけど
外交も経済もボロボロという今の状態じゃ無理でしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。