スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【余談】インクジェットプリンタのインク どうするのが一番お得?

私はいつもモノクロレーザプリンタを使っています。
インクジェットプリンタはたまにしか使いません。
なぜならレーザプリンタの方が「早い」「印刷がキレイ」「インクが手につかない」から。

レーザプリンタは昔は10数万円もしましたが
モノクロなら、今はインクジェットプリンタよりも安いくらい。

インクジェットプリンタが活躍するのは年賀状シーズン。
そのシーズンが過ぎるとしばらくお休みしてもらっています。

インクジェットプリンタのインクって
プリンタ自体を長いこと使ってないと
知らない間に「インク切れ」の表示が出ますよね?


あれなんなんでしょ?


少しずつインクが蒸発しているということなのかしら?
すぐに印刷したいときに限って、使えないんだよなぁ→マーフィの法則
それにインクジェットのプリンタのインク、めっちゃ高い。プリンタと同じくらいの値段しますよねぇ。


プリンタのインクの交換方法、主に3つあると思います。

1.メーカ純正のインクカートリッジを買う
2.リサイクルカートリッジ、または互換カートリッジを買う。
3.詰め替えインクを買う。

値段だけで言えば、お得なのは「3.詰め替えインクを買う。」だと思います。


実はずっとこれまで予算削減のために、詰め替えインクで対応していました。

穴をあけてチューチューとインクを入れるのですが、時々インクがこぼれたりして手が真っ黒になったりしたこともありました。

こんな作業です。



手間はかかりますが安いです。インクは100円ショップにもあります。


でもあるとき、プリンタの中でインクが全部流れてしまった事がありました。

カートリッジタイプのインクは、穴を開けてそこからインクを入れます。
入れ終わったら空気が入らないようにフタをします。
しかし、何回もインクを入れているうちにフタが弱くなってきて、インクが流れやすくなってしまうのです。

インクが流れた後プリンタの掃除をしたのですが、どうも電子回路の方までおかしくなってしまったようで、動かなくなってしまい...なくなく処分しました。

私のやり方が悪かったと思うのですが、この事があってから、「3.詰め替えインクを買う。」は選択肢から消えました。インク安くても、プリンタが壊れちゃ元も子もない。かえって高くつく。


あとは
1.メーカ純正のインクカートリッジを買う
2.リサイクルカートリッジ、または互換カートリッジを買う。
のどちらかになりますが、私は使い分けをしています。

重要な書類をたくさん印刷するとき→「1.メーカ純正のインクカートリッジ」
重要度の低い書類を印刷するとき→「2.リサイクルカートリッジ、または互換カートリッジ」

という風に。

メーカ純正の方が安心して使える感じがありますが、値段が高いので「勝負をかける」ときにしか使いません。なので普段プリンタにはいっているのは、互換カートリッジ。

リサイクルカートリッジはメーカ純正のカートリッジを再利用してインクを再充填したものです。
一方、互換カートリッジは新品です。

どちらにするかは好みですが、私は互換カートリッジを使っています。

なので私の結論としては

「互換カートリッジと純正カートリッジを買い、普段は互換カートリッジをつかいつつ、重要な書類のときには純正カートリッジを使う」

が長い目で見てお得じゃないかな、と思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。