スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府がしっかりして初めて運動も批判も意味を為す、という事

筆者 事務局


以前、JICAの職員とお話したときのこと。

青年海外協力隊員として、バングラディシュに派遣されたときの体験談を伺った。


「バングラディシュは日本とは比較にならないほど福祉も教育も貧弱。理由は国力が弱いから。そのことを知っている国民は、そもそも政府に期待していない。外国からきたNGO団体の方が力があるので、NGOの方が政府よりも頼りにされている。」


というお話があった。


この話をきいて、目が覚める思いがした。

国がしっかりしていて問題を改善できる能力があるという前提があればこそ、社会運動も政府批判も有効なわけで、もし国に能力がなければ、運動も批判も、むなしいものになる。

たとえ政府が要求を飲んでくれたとしても、それを実行できる能力がなければ、絵に描いた餅なわけだから。

社会運動をするに足る、批判をする足る政府を持っているということは、幸せなことなんだということを改めて知った。

コメントの投稿

非公開コメント

事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。