スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣問題をみて 新潟市の中国総領事館は本当に大丈夫なのか?

筆者 事務局

尖閣問題に関して。

日本の領海を侵犯し、侵犯するどころか

意図的に巡視船に体当たりするという犯罪を犯していながら

国際問題に発展するのを危惧した日本側の配慮につけこんで

謝罪どころか賠償請求をし

報復として、何の罪を犯したのかもはっきりしないまま日本国民を拘束し

尖閣問題に関して一般市民が起こしたデモを「一部の過激右翼の活動」として

歪曲した情報を流す国。


「よき隣人」になる事を最初から放棄しているとしか思えない。


そういう国に日本が総領事館の領地を与えたということは

それだけ日本国内での内部工作がやりやすくなったということ。

日本国民保護のための当然の処置として

国内の中国総領事館の活動にも制限を加えることが妥当ではないだろうか。

コメントの投稿

非公開コメント

事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。