スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自立支援」の意味が変わってしまった

筆者 事務局

もともと日本の福祉制度は、不平等なところがある。

その原因の1つは、日本の行政や政治の
「声の大きい人の話はきくが、それ以外は無視」
という慣習の影響が大きいと思う。

もとはといえば、そういう政治家を選んでいる国民に責任があるわけなのだが。

障害者自立支援法は、障害者の生活の実態を知らない人が、数字だけみて帳尻あわせで作っちゃった法律なのではないかと思う節がある。

おかげで福祉関係の業界では「障害者自立支援法」の名前のおかげで、「自立支援」という言葉の意味が変わってしまった

「自立につなげる支援」という意味から、「自立を目的としながらも、自立につながらない支援」という意味になってしまった。

「自立支援」に変わる新しい言葉、さがさなきゃいけんなぁ。

コメントの投稿

非公開コメント

事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。