スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「2つの手話の話」について

筆者 事務局

2つの手話、日本手話と日本語対応手話。

「2つの手話がある」という話をする意義について。


その意義は主に二つあると考えてきた。

1つは実際上の問題。手話通訳サービスを利用するのはほとんどが日本手話話者。通訳に必要な第二言語としての手話言語力を習得するために、必要な認識であったこと。
多くの手話指導の現場にこの認識がなかったし、今でもないところが多い。その結果、2つの手話が混同して指導され、多くの手話学習者の努力が水の泡になった。そのことに多くの手話指導者が無頓着な現状がある。

もう1つは、日本手話話者のアイデンティティの問題。言語の否定は、そのまま人格の否定になる。聴覚障害児教育関係者によって作られてきた「手話は言語ではない」「みっともない動物的なもの」という否定的な価値観は、そのまま成人ろう者の自己を見る見方に影響し、ネガティブなセルフイメージを生むことになった。このアイデンティティの問題が、後々社会にでた時、様々な問題を起こす引き金になっている。日本手話が自然言語であること、そして独自の文法を持つ言語であり、日本語の補助手段として使われる日本語対応手話とは異なることを説明することにより、自分の言語に対する自信と誇りを持ってもらう。そのことによりポジティブなセルフイメージを回復してもらいたいという願い。

しかし、一般の人たちに「2つの手話がある」という話をするとき、その意義を上のように説明するのは難がある。もうちょっと一般化しないとな、と思っていた。

先日、日本語教師の先生が、この2つの手話の違いを、日本語ボランティアの人たち対象に、このように説明するのをきいて「なるほど」と思った。


日本語教育の専門家の間では「文法的な難易度」を指標にして、文法構造が優しいものから難しいものへと順に教える教師が多く、日本人が日常生活で使っている表現を軽視しがちな傾向にある。

たとえば「て」形。「て」形は、文の途中に出てきて、動詞と「ください」などの言葉をつなぐものとして指導される。

かく+ください→かい(て)ください
あらう+ください→あらっ(て)ください

しかし日本人は「て」が文末にくる言い方をよく使う。

(依頼、命令の意味で)
「それ、かいて」
「皿、あらって」

『「て」形は、文の途中に出てくるもの』と教えられた外国人は、この表現の意味が分からない。

日常生活の道具として日本語を習得したい外国人にとっては「生きた日本語」を習得したいのに、教師側に、その認識がない。

手話教育でも、同じように日本語の文法に沿った指導がされているところが多く、ろう者が日常生活で使う表現が軽視されている面がある。

という話だった。


つまり「文法中心」「日常会話中心」との対比で、説明する方法。

これだと「日本手話には文法がないの?」という誤解を招く恐れはあるが、「実際に使用されている言葉を尊重する」という説明は、分かりやすい。

やっぱり相手に応じて、適切な説明が必要なんですなぁ。

個人的には、こうした話は、やっぱり当事者にお任せしたい。

コメントの投稿

非公開コメント

事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。