スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業や団体からの寄付金を得るための、心構え

筆者 事務局

この不景気で、企業や団体からの寄付金が目減りしている福祉団体が多いと思います。

中には企業や団体に足を運んで、努力している方がいらっしゃると思います。

そこで「スポンサーになってもらうときの話」の進め方のコツについて、少しでもヒントになればと思いまして、以下1つ記します。


コツはただ1つ。

「相手のメリットを考えて、話をすること」


企業や団体とお話をするとき

・問題の困難性
・事業の意義・必要性
・素晴らしさ

を力説して、資金を得ようとお考えの方が多いように思います。

私も以前は、そうしていました。

しかし、あちらの担当者がよほど決定権のある方でない限り、これらのポイントを判断材料にしてお金を出すことは、あまりないという事がわかりました。

団体や企業にとって福祉団体への寄付金というのは、勘定項目では「寄付金」ですが、実際は「広告宣伝費」として考えています。

つまり「その団体に寄付金を出すことによって、どういうメリットがあるか」を担当者は考えて、判断しています。

なので「相手の宣伝活動に協力する」という姿勢で行くと、担当者といい関係が作れるかもしれません。


営業職の人や、個人でビジネスをやってきた人は

「相手の立場にたって、話を進めること」

の大切さが、よく分っていますよねぇ~。


これからも参考にしたいと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。