スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弱者権力の濫用を許すものは何か? その3

筆者 事務局

問題のある当事者団体がある。

同じ仲間のはずの他の当事者達を虐げている。


そのような団体とは組めないと思い

その団体とは別で活動していると

その団体を支援している人たちがよく言う。


「怖くないの?」

「あの団体に逆らったら、私この地域でもう活動できない」


そういう人間は弱者支援の活動をする資格はないと考えている。


学校にイジメッ子がいて

障害のある子を苛めているとする。

イジメッ子の言うことをきかないと

自分が苛められることになる。



「怖い」から、ノーと言えないという人は

そのイジメッ子と一緒に障害のある子をイジめる子供と同じ。


差別をなくすための活動をしているのに

身内の差別を見てみぬふりするような団体に

差別をなくす活動が、できるはずがないでしょ。

他人の問題をネタにして、生きがい作り、居場所作りをしちゃいかんよ。

コメントの投稿

非公開コメント

事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。