スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話し合いの前提となるもの

筆者 事務局

意見の異なる相手と話し合いをするには、前提となるものがある。


それは

「相手の立場を理解しようとする姿勢のある」こと

「誠実」であること

こうした姿勢がみられない相手とは、時がくるまで

話し合いをするのを避けるべきだと思っています。


誠実さのみられない人間と話をして

たとえ非を認めさせる事ができても

憎しみの感情が残るだけです。



なかには、その場しのぎで同調をして、いい顔をして

裏でアカンベーをするという器用な真似をする人がいます。


これを孔子は「小人は同じて和せず。」と言っています。


これが習慣化した人間に「誠実さ」は残っているのだろうか?

コメントの投稿

非公開コメント

事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。