スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車中泊が注目されているらしい

筆者 事務局

いま車中泊に注目が集まっているらしい。

ミニバン車中泊バイブル
http://www.ne.jp/asahi/modern/autocamping/

注目が集まっている理由として考えられるのは

・高速料金が土日祝日1000円になり遠出しようという人が増えたこと

・お父さん達の仕事が減り家族との時間が増え、お金をかけずに旅行に行こうという人が増えたこと

があるのかなと思う。

子供なら車の中に泊まるのも新鮮な体験となり、苦と思わない子はきっと多いと思う。

車の中で快適に夜を過ごせる、あるいはアウトドアで快適に夜を過ごせるようにしておくことは、災害時も役に立つので、いいことだと思っている。

私は遠出したときは車の中でよく寝ている。

時に、6,7時間熟睡していたということもある。


遠出して、仕事が真夜中までかかってしまい、帰りたくても居眠り運転になってしまうのが怖くて帰れない、なんて事がある。

そんなとき車がホテル代わりとなり、快適に寝ることができれば、翌日寝不足にならずに済む。

車の中でどうすれば熟睡できるかをいろいろ検討してきた。

私の場合、熟睡の一番のポイントはフラット性。

凸凹していると、どうも体のあちこちが痛くなる。

今の私の車はAZワゴン(車体はスズキワゴンRと同じ)だが、この車は車中泊に向いているように思う。

助手席側の背もたれを前方にほぼ90度倒すことができ、フラットにできるのだ。

そのため足を伸ばして寝ることができる。

こんな感じ
ワゴンRの助手席側のシートは前に90度倒れる

※(写真)ワゴンRで快適に車中泊するために、より
http://y-terada.com/Hobby/syachu/wagonr/wagonr.htm


目下の課題は、簡単な事務仕事をする環境作り。

1時間程度の作業を快適にやりたい。

特に夜、文書を読むための明かりが欲しい。

室内灯だと、数分ならいいが、10分以上の作業は目が疲れてしょうがない。

方法としては
1)車のシガーソケットから電源を取るタイプの電灯
2)乾電池式の電灯
3)ロウソクや灯油ランプ

があるが、まず3は危険なので×。

1はエンジンをかけなくてはならないので×。

すると2かなと思うが、電池代が かかってしまう。

すると家で充電できるタイプの電灯かなと思う。

こんな感じかな?ヤフーオークションより
最新LED80連装充電式作業灯

でもこれだと車内が明るすぎて、外から見え見えかな?

とすると、やはり上から自分が見ているところだけ照らせるヘッドライトタイプかな?

こんな感じかな?ヤフーオークションより
充電式ヘッドライト

いま新型インフルエンザが流行っているので、空気の乾燥が怖い。

結構乾燥するんですよね。でも加湿器を買うことまでは考えていない。

マスクで十分かな。


車をセカンドハウスとして使えれば、身動きが軽くなる。


よく寺泊の海水浴場の駐車場で、車で旅をしている年配の方々を見かけるが

スーパーのビニール袋を、車内のあちこちに結び付けておられる。

使いやすいからそのようにされているのだろう。

でもちょっと見た目には良くない。

スッキリさせたほうが快適に過ごせるのではないかな、と思う。


コメントの投稿

非公開コメント

事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。