スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9千万は行き過ぎ~産総研の電子申請システム~

<産総研>8754万円の電子申請システム 4年間使われず

 会計検査院は2日、独立行政法人「産業技術総合研究所」が、微生物の特許出願に関連する電子申請システムを導入したものの、4年間全く使われていなかったと発表した。同研究所はシステムの開発や保守に8754万円をかけていた。(毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090902-00000012-maip-pol

---

利用者のニーズを考えずトップダウンでやってしまったんですなぁ。

まずは作って反応をみながら修正をかけるという方法は取られたのだと思いますが

9千万円は行き過ぎ、民間ならありえない。

なぜ、すばらしいオムツのお持ちのはずの産業技術総合研究所の皆さんがこうなのか・・・

つまりオムツは関係ないんだな。

こうした場合、どういうペナルティが取られるのでしょうか?責任者の降格?



行政からの事業委託を受けることがありますが

担当者と話をすると、時々ビックリすることがある。

それは担当者に「まるでやる気がない」こと。

福祉関係は多いのでしょうか?

昔からの習慣なのかな?こちらを下請けか何かのように見ている。



発生を予期できる問題があって対策をとる必要がわかっているのに、さっぱり動かない。

そして問題が起こってから、こちらのせいにする。

これじゃ信頼関係もクソもない。



知り合いの議員さんに相談したことがある。いわく

「やりたくも無い仕事を任せられているんだから、やる気がないのは当然」

と平然という。


せめて「一緒にいい仕事をして行こう」という姿勢だけでも見せて欲しい。


コメントの投稿

非公開コメント

事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。