スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何もしないことの価値

筆者 事務局

「世の中には、役に立たない仕事はない」

というような話を経営コンサルタントの人から伺った。

仕事に虚しさを感じている人たちをへの慰めなのかな?


そんな事を考えていたとき達磨の話をきいた。

達磨さんは手も足もない。なぜ無いのか?

人間が自然の理にそむき、知恵を働かせ自分の力で生きていこうとするから、大いなる自然の働きが損なわれてしまう。達磨さんに手や足もないのは、余計な事はしないことの象徴。

そして大きな目は、人がやることを「余計な事をするな」と睨みつけている様子だという。

何かを為すことのほうが、何も為さないことよりも、遥かに価値のあることだと思っていたが

そうではない「為さずして為す」という価値観があると知って驚いた。

怠慢じゃないの~と思ってしまうが、そういう考えこそ傲慢なのかしら。

コメントの投稿

非公開コメント

事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。