スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障害生徒の入学を拒否

筆者 事務局

女子生徒の中学入学命じる=「障害で拒否」の町に仮決定-奈良地裁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090626-00000115-jij-soci

ニュースによると

>同校は施設未整備などを理由に、入学通知を出さず、特別支援学校への進学を要請していた。 

とありますが、

基本的には「障害を理由に入学拒否はできない」という文科省の方針があったと思います。

その方針はどこに行ってしまったのだろう!?

今の時代に、いまだこういう話があることに、意外な感じがします。

学校が障害児拒否してどうすんねん。

コメントの投稿

非公開コメント

障害が違うというだけで入学に反対する保護者がいる時代です。
ある方のお話!お子さんが養護学校に通っています。
障害の程度は良くわかりませんが、発声の障害も抱えているそうです。
言っていることは分かっても伝えられない!親御さんはなんとかコミュニケーションをとる方法が
ないかと、手話を習い始めたそうです。
このお子さんの場合、養護的対応がとれるのならば、聾学校の方がしっかりと学習できるのでは?今の法律上は可能です。では聾学校保護者の対応は?

nabepapaさん、おつかれさまです

自分達の問題を理解して欲しかったら、まずは他の人たちが抱えている問題に理解を示すこと

これが原則だと思います。

被害者意識を持っていると、どうしても”自分が、自分が”になってしまう。

生徒数が減少する中、聾学校の特長を生かして生徒数増やさなきゃ、存続できないですよね。
事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。