スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットゲーム廃人 廃人でも生きれてしまう日本はやっぱり幸せな国

<ネトゲ廃人>【1】バーチャルに生き、現実世界で生きられない人、増える
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090624-00000009-maiall-soci

これはニュースのタイトルが悪いな。

「現実世界で生きられない人」ではなく、PCの前に向かっている方が楽しい人ということだと思う。

昔学生のとき、ゲームのやりすぎで1年ダブっている先輩がいたが、面白い人だった。

卒業後は普通に会社員をやっている。



昔は今のような、車や電車などの、簡便な移動手段がないから行動範囲は非常に狭かったと思う。

今の”引きこもり”や、この”ネトゲ廃人”と言われる人たちと行動範囲も同じぐらいかも知れない。


昔と違うのは、”生きるための活動をしなくても、生きれてしまう”こと。

ネットゲームだって、電気代や通信代、毎月数千円かかっているはず。

そのお金、廃人には稼げないだろう。家族が払っているから、こうした生活が続けられる。


廃人なることを補強する環境があるってことで、それはそれで幸せだと思う。

廃人という言い方よくないなぁ。

”ネトゲバカ”でいいんじゃない?

本当の廃人に失礼。

コメントの投稿

非公開コメント

事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。