スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校の統廃合の問題

筆者 事務局

誰でも自分の母校が無くなってしまうのは嫌なものだ。

しかし学校はOB、OG達の物である前に、今と将来その学校に通う子供達のためにある。

統廃合の問題が出たときに、出てくる意見。

・学校名を残せ、名前は変えるな

名前さえ変わらなきゃいいの?
後輩達はどうなってもいいの?
いいんだろうな、きっとこういう人たちは。

・他の障害種は入れるな

生徒数に対してイレモノが極端に大きい場合、効率化を進めるのが教育行政の当然の役割。他の障害種を入れることによって明らかに問題が起こる事が明確でないのなら、こんなエゴイスティックな要求は通るはずが無い。

このレベルの意見しか出てこないのだとしたら、当事者もOB、OGもそんなに問題意識・危機意識がないって事なんだと思います。

当事者が問題意識がないのに、第三者がどうのこうの言っては混乱を招くだけ。

こういう場合、行政側は、校長先生などを使って関係者の感情的な軋轢が起こらないようにして、予定通りの計画を進めてしまうのではないかと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ご無沙汰しております。
残念ながら「そのレベル」です。
ただ、それは一部の当事者だけが騒いでいるだけとあえて申し上げます。
冷静にきちんと考えている当事者、OBOGの方々も沢山いらっしゃいます。
そういう方は呆れて何も言わないだけです。
「絵空事」言ってないで現実を知り、今、何を優先すべきか考えて欲しいと
切に願っています。
「私たちは何でも知っている」と本人思っているようですが、恐らく誰かの入れ知恵でしょう。
本当によくわかっているのならもっとやることあると思いますよ。
子供たちのこと考えたら低レベルな議論している時間なんてないと思うんですが!

nabepapaさん、おつかれさまです。

返す言葉がみつかりません。

いい方向に進むことを願っております。
事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。