スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードスイッチの上手い下手

筆者 事務局

コードスイッチ=相手に合わせて、”コード”(言葉)を切り替えること。

言葉っていうのは曲者で

上手すぎても不審がられるし、下手すぎても不審がられる。

まぁどちらかといえば、口下手でも誠実な人の方がいい。

とは言っても、やはりその場にあった適切な話ができたらいいですよね。


言葉の運用能力っていうのは、家庭環境にもよると思いますが、運動神経にも似た

先天性な要因が大きいのではないかと思います。通訳などは特にそうだと思います。


その点私はどちらかというと、口下手。

英語も日本語も手話も、さらに母語である方言と標準語のスイッチ上手くできないときがある。

以前飲み会で、たまたま同郷の人の人がいた。

方言丸出しの方だったので、私もつられて方言が出た。

そのあと酔ったせいもあるのかどうか分からないが訛りが取れない。

大笑いされてしまいました。

こういう人間は通訳やるべきではないですね(^^;

コメントの投稿

非公開コメント

事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。