スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミサイルとロケットは同じ構造

筆者 事務局

北朝鮮が4月に人工衛星を打ち上げることを表明しているが、安全保障のため日本政府は様々な対策を講じている。

この話をきいて、似たような事があるなと思ったので以下記す。


「弱者である」ことを利用し、社会からの支援を得、自分のテリトリーや城を作ろうという自称弱者の人間がいたら、それに対して、どのように対処すればいいのか?

彼らの活動が、同じ弱者の人たちのためになるロケットであるのか、はたまた同じ弱者の人たちを虐げるミサイルになるのか、一般の人たちにはなかなか分からない。

こういう人たちに対しては、ボランティアしてきた人たちは動きが鈍くなる。

今の日本政府と同じ。

その理由は、やもすると
・自分が「平和利用の人工衛星を打ち落とす」立場
(自分が「弱者を虐げる」立場)
に立ちかねないからだ。

それを知っている人間は、この事を上手く利用する。


結局は、自分で判断して正しいと思う道を行くしかない。

コメントの投稿

非公開コメント

事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。