スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実体験が主、表現は従

筆者 事務局

アニメ映画の監督宮 駿氏のインタビューをみた。

「最近の若いアニメータは、(自然のものが)描けない」

という話があった。

焚き火の炎や、家の軒先、川の流れなど、子供のときに触れていないから、ということだった。

どんなに機材が揃っていても、どんなにテクニックがあっても

表現する元の匂いや風、空気を感じた記憶がない人は、表現することもできない

という話のよう。

これは他のことにも共通することだと思う。

表現手段は巧みでも、伝える元のものがなければ、むなしい。

この動画です。


コメントの投稿

非公開コメント

事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。