スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起業家応援セミナーinながおか 参加してきました。

筆者 事務局

日時:平成20年11月11日(火)18:30~21:30(全6回)
場所:NICO(ながおか新産業創造センター)2F会議室
講師:長岡大学教授 原田誠司氏
主催:ながおか新産業創造センター/(財)にいがた産業創造機構

参加の主な動機は以下の2つ。

・いつも机上や身内で事業立案の作業を行っていたが、一度専門家や外部の人たちの第三者のアドバイスを受けながらやりたかった。一般の人がピンとくる説明ができなくては、事業の継続は望めない・・・。

・事業計画作成法について、スタンダードなやり方をもう一度ゼロから学びたかった。

1回目の今日はカリキュラムの説明と創業の心構えの話。
PFドラッガーの考えを中心としたお話でした。

・企業の目的は「顧客の創造」
・利益をあげることは事業継続の条件であって目的ではない。
・利益を上げられないことは罪である。(理由)顧客のニーズを満たしていない、税金を払えない→社会の役にたっていない。

手話教室の事業については、私の頭の中では「いかにして聴覚障害者の就労の場を増やしていけるか」という、サービス供給の側からしか考えていなかった。
指導内容も「手話母語話者の手話指導における主体性を尊重しなくては」という思いから、顧客のニーズは二の次になっていた。

しかし、都会ならいざ知らず新潟のような田舎では、このようなやり方では手話教室は継続できないと頭では分かっていた。顧客の欲求を満足できないからだ。継続できなくてはいい手話講師は育たない。一般的にみれば、サービスを供給する側の独りよがりということになってしまっている。

企業の基本機能は「顧客を理解し、満足を生み出すこと」という話をきき、事業として継続させるためには、顧客側の視点が欠かせないことを改めて認識した。

コメントの投稿

非公開コメント

事務局様 お疲れ様です。
事業継続は本当にむずかしいですね。
少しでもお客様のニーズにかなった
内容を提供していく必要がありますよね。私も起業化セミナーに参加したいのですが、個人の利益に伴う手話通訳派遣は使えないため派遣費は自己負担。そんなわけで今はまだいろんなセミナー参加は見送っています。

ゆたっぺさん

ゆたっぺさん、コメントありがとうございます。

やる気のある方が、しっかり学べるところ必要ですよね。

ある程度人数がそろえば、参加費+助成金で講師を呼び、そこに通訳をつけるという方法もあると思いますが、手間ですかねぇ。

すでに起業している聴覚障害者の皆さん、起業家育成に興味ないかな?

その方々に講師をしてもらうという方法もあると思います。

どうでしょ?
事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。