スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニティの弊害 その1

筆者 事務局

以前みやぎNPOサポセン理事長の加藤さんからこんな話をきいた。

「コミュニティ団体は裏切り者を生む」

それをヒシヒシと感じています。

例えば手話学習における、コミュニティの弊害について。ワタシの経験。
---
私は学生のとき、大学の研究の一環で、聴覚障害者がどういう生活をしているのかを知らねばという思いから、手話サークルに参加していた。

まずは聴覚障害者とコミュニケーションできなければ始まらないとおもった。

手話サークルで学ぶほか、「私たちの手話」1~10の手話単語をばっちり覚えた。

そうして1年ちょっとくらいたった時、ろうの人たちの飲み会に参加した。

ろうの人たちが何を言っているのかさっぱりわからん。早いとか、そういう問題じゃない。

飲み会に参加していた手話指導をしている聾のご婦人にきいてみた。

「手話サークルで皆さんが教えている手話と、皆さんが普段使われている手話って、違うんですか?」

「そうだね、ちがうね~」

なんじゃ、そりゃ~!!!!俺の努力は一体なんだったんだ????

まずはコミュニケーションできなければ始まらないと思っていた私はしょっぱなから躓いた。

1年以上の無駄な時間。

そんときは、まだ日本手話という言葉はなかった。

正しい手話である日本語対応手話をろう者にも教えなくてはいけないという考えを持つ人が、手話サークルの役員の殆どを占めていた。

それが1992、3年くらいの話。

つづく

テーマ : 手話
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。