スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「事故で手話不自由」賠償請求 

「基準ない」被告争う構え
http://osaka.yomiuri.co.jp/possibility/news/ps80320a.htm

(以下、記事より一部抜粋)
乗用車にはねられた後遺症で手話が不自由になったとして、名古屋市内の聴覚障害者の60歳代女性が、運転していた40歳代の愛知県海部郡内の男性を相手取り、約1750万円の損害賠償を求める訴訟を起こし、第1回口頭弁論が19日、名古屋地裁で開かれた。原告側は「健常者の言語障害に相当する」と主張し、被告側は「手話が困難になったことを、言語障害と同一視できる基準がない」として、請求棄却を求めた.
(以上、記事より抜粋)

これは難しい問題ですねぇ。

言語障害の方が賠償請求金額が高いから、こういうことになるのでしょうけど。

手話を日常的に使っている手話ネイティブにとってみると、手が使えないというのは言語障害以外の何者でもない。その状況はよくわかる。

しかし、その人にとって手話の必要性がどれくらいあるのかを判定する基準が無い。

それ以前に日本では手話が法的に言語と認められていない。

これは和解に落ち着く可能性高いのではないかな?

今後基準を設けるとすると、やはり数字で現れるものである「聴力レベル」で判断するしかない。

また、どれくらいの手の機能障害があれば言語障害になるのかを判定するのも難しい。

でも聴覚障害者で手話を使うのはごく一部。難しいですねぇ。

私たちが見ている子で、聴覚障害とともに片麻痺を持っている子がいます。

口頭よりも手話のコミュニケーションが主体の子です。手話は片手でやっています。

とはいえ、その子は四肢障害では言語障害認定は受けていない。

これ、裁判所はどうやって判断するんでしょうね、見守っていきたいと思います。

テーマ : 手話
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

本人の夫です

本人の夫です。私はモルキオ病という病気で、今は松葉杖を使いながら、障害の違う家内とお互いを理解し合いながらなんとか生活を送っております。

コメントをするにはタイミングを逸しているかもしれませんが、取り上げて頂きありがとうございます。
今週の金曜日9月5日発売の週間金曜日という雑誌に掲載されることが決まりました。もし関心があられましたら、読んで頂けると幸いです。
交通事故の損害賠償の場合、被害を受けた人が基本的に受傷前と受傷後でどの程度労働能力が損なわれたかという視点で考えます。

8月に開かれた公判で、こちらは上半身と手話の因果関係、並びに音韻構造、被害者本人の手話表現の障害がどの程度かを示した証拠資料を専門家に作成依頼し検査の末、詳細な資料を提出いたしました。
もしご関心があるようでしたら、その資料をお見せすることは可能です。ご希望でしたら上記メールアドレスまでご連絡下さい。何か進展があった時にこちらから連絡を差し上げることも可能です。

損保側(東京海上日動)の弁護士は、障害を持つ人の事情を(意図的に)理解しようとせず、時価の公判では強硬な論法を展開してくるのが目に見えているため損保に対する印象は相当悪くなりました。周囲の人も同様の意見です。

Re:本人の夫です

お~やんさん、当事者の方からレスポンスいただけるとは思っていませんでした、ありがとうございます。

ご紹介いただいた雑誌記事探してみますね。

他はメールでご連絡いたします。
事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。