スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「中途失聴・難聴者の抱える問題」の勉強会感想

筆者 事務局

s-KIF_1762.jpg


参加者から質問を受ける新潟県中途失聴・難聴者協会長岡支部の皆さん

テーマ 「中途失聴・難聴者の抱える問題」
日 時  1月21日(月)19:30開始
場 所  中央公民館(柳原分庁舎)長岡市柳原町2-1
講 師  新潟県中途失聴・難聴者協会長岡支部の皆さん
参加者 10名

まずはじめに各自が聴覚障害についてどういうイメージを抱いているか紙に書き出して、話し合うということを行いました。講師の新潟県中途失聴・難聴者協会長岡支部の鵜頭さんと、木間さんにも参加していただきました。

共通したイメージ、違うイメージ、様々な見方があるということが分かった時点で、では現実は一体どうなのか?というところで、鵜頭さんと木間さんから体験談をお話いただきました。

失聴した時の煩悶、めまい、耳鳴り等の身体的苦しみ、仕事上でのトラブル、友人とのコミュニケーションの問題、障害認定が受けられないが故の経済的問題、同じ障害を抱えた人たちとの出会いなどのお話を伺いました。※個人的な内容ですので詳細は控えさせていただきます。

聴覚障害者の中では、中途失聴・難聴者が全体の8割以上であり、この人たち抜きにして聴覚障害者の問題を語ることはできません。

しかし聴覚障害者は少数。聴覚障害という看板を出すだけでは問題の解決は難しいと考えています。外国人、知的障害、視覚障害、自閉症等の団体と連携をして「情報・言語的弱者の問題」として問題提起していきたいと考えています。

【意見~日本の矛盾した補装具費支給制度~】

世界保健機構は、補聴器の装用が推奨されるレベルを41デシベルとし、この数字を聴覚障害の目安としています。

ところが、日本の聴覚障害の障害認定基準は70デシベル以上と高い数字になっています。

そのため聴覚障害ゆえに生活に支障がでている、この40~70デシベルの軽度、中度難聴の聴覚障害の人たちへは、何も保障がなされていないという現実があります。

現在、障害認定を受けた聴覚障害者が補聴器を購入する場合は、補装具費が支給されています。

ある程度使える補聴器は安いものでも20万円ほどします。それでは不十分な人の場合は高性能のデジタル補聴器を使いますが、それだと40万円もします。障害認定を受けられないと、この補聴器や毎日使う電池を自己負担で賄わなければなりません。

例が適当でないかもしれませんが、公衆電話みたいなものですよね。お金が切れたら、人とコミュケーションをとるのが困難になってしまう。一般の人にとってコミュニケーションを取ることは空気のように当たり前のもの。この当たり前の事を維持するのに自腹を切らなくてはならない。

障害認定を受けている聴覚障害者の中には、補聴器を使わない人がいます。先天性の重度の聴覚障害者で手話を母語とするような聴覚障害者の中には、補聴器は装用しても効果がないため、申請すれば補助は受けられるものの、補聴器を常時装用しない人が大勢いるのです。

彼らは「聞こえない自分」が当たり前で、コミュニケーション手段としても手話という確たる言語をもち、健聴者とのディスコミュニケーションが起こったときにもリカバーする能力に長けている人が多い。

ところが、この40~70デシベルの軽度、中度難聴の聴覚障害の人たちは、音声言語によるコミュニケーションが主体で常に補聴器装用しているのに、障害認定を受けられないために、補助がでない。

補聴器を常用しない人間には補助金が出るが、補聴器を常用する人間には補助金が出ない。矛盾していると思います。

この「障害認定を受けられない軽度、中度難聴の聴覚障害者の問題」こそ、聴覚障害問題に携わる人間たちが取り組むべき、中心課題と考えています。

テーマ : 聴覚障害者
ジャンル : 福祉・ボランティア

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NPOブログ記事の読み比べ評価!: 介護/福祉 by Good↑or Bad↓

「介護/福祉」に関する社会貢献活動で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、紹介したいNPO活動のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

コメントの投稿

非公開コメント

あっ、俺だ!

最近、うちのホームページをリニューアルしまして、TOPページに、H&Dさんの最新記事のタイトルがばっちり表示されるようにしましたので、見てみてください。

今日も最新記事に気が付いたので、勉強させてもらおうと覘いてみると、なんと写真に私が登場しているではないですか!?

それにしても髪の毛薄くなってるなー、俺。
もうあんまり写真に撮られたくないなー。

Re:あっ、俺だ!

いえいえ、かっこよく写っていますよ(^^)
事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。