スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚沼市講習会でワークショップ行いました

筆者 事務局

魚沼市手話講習会(12/21ワークショップ)


日時 平成19年12月21日(金)19:30~21:00
場所 小出ボランティアセンター2F研修室(新潟県魚沼市)
参加者 13名
テーマ「プロの通訳、ボランティアの通訳」

21日は南魚沼市でコミュニティリーダーズネットワーク代表やFM十日町のパーソナリティをされている大出恭子先生をお招きして、手話や通訳についてのワークショップを開催しました。私も参加しました。

魚沼市手話講習会は週1回で開催しています。今週は講習会の2週目ということがあり、まだ受講生同志のコミュニケーションが取れていない状況でした。その事を大出先生が察してくださりアイスブレークを行ってくださいました。

魚沼市手話講習会では、手話指導時、受講生の皆さんには声を出さないというルールがあります。そのため事務局としては限られた日程で、どのタイミングで受講生同志がコミュニケーションをとり雰囲気を和らげる事ができるかを考えていました。

今回のワークショップで、受講生同志が話できる機会を設けることができました。感謝です(^^)

最初のアイスブレークでは、A4の紙の中央に「手話」と書き、そこの言葉から思いつくものを2~3分でその言葉の周辺に書きました。そして受講生同志が書いた紙を見せあい、同じ考えを見つけていくというものでした。マインドマップというそうです。

私もマインドマップをかきました。

「手話」から思いつくもの
・周りの人たちと通じないのが当たり前の世界に住んでいる人の言葉
・ろうの人たちの言葉
・理解されにくい、微妙な世界のことば
・ろうコミュニティの中でつかわれている
・ろうの人たちにとって足かせでもあり、そして大切な物でもあるもの
・音のないせかい
・ろうの子供達にとっては命であり絆であるもの
・マイノリティのことば
・苦労(人間関係に・・・)
・男の学習者は、一般的にも、ろう者からも偏見の目で見られる(変わり者、女目的等)
・一般にはボランティア的、何かホンワカとしたイメージがあるもの

私は疲れていたようで、なぜかこのようなマイナスイメージの言葉ばかり(^^;
これでは手話講習会の事務は失格ですねぇ。
ちなみに「苦労」は地元の通訳者の方と意見が一致しました(^^)

他の皆さんは
コミュニケーション
言語
ろう者の言葉
世界が広がる

のような明るいイメージが多かったです。見習わねば。

そのあと付箋紙に今知りたいこと、聞きたいことを書いて全員で話し合いました。
「通訳を上達させるにはどうしたらいいか」「手話を早く身につける/上達するにはどうしたらいいか?」などの質問がでました。

それらの質問に対し大出先生から、ご自身の言語習得体験や語学教育の経験を元に色々とお話頂きました。普段きく機会のない英語の世界のお話を伺い、手話も含め、言葉に対する様々な見方を提示してくださったと思います。また受講生からも、それぞれの立場から色々な意見がでてきました。私も改めて皆さんの考えや気持ちを知ることができました。

このワークショップを通して、手話に対する新しい見方が開けたように思います。またワークショップのやり方についても、アイスブレーク等で雰囲気作りをすること、その場にあったツールを使うこと、そして良きファシリテータがいることによって、密度の濃い話し合いができるのだなと改めて思いました。大出先生、ありがとうございました。

テーマ : NPO
ジャンル : 福祉・ボランティア

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【言語習得】についてのお得なブログリンク集

言語習得 に関する最新のブログ検索の結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報を集めてみると…

コメントの投稿

非公開コメント

事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。