スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神⇒中越⇒中越沖 震災復興全国フォーラムのご案内

筆者 事務局

長岡市国際交流協会さんからご案内いただきました。私も参加予定です。
障害関係で災害の話をすると、どうしても「支援者」と「被支援者」という立場に分かれてしまい「お互いに助け合う」という共助の視点が落ちてしまいがちです。その結果お互いのエゴ、責任のなすり付け合いがはじまってしまう。それは外国人の支援でも同じようなことがおきているようです。

マイノリティはマイノリティのままでいてはいけない。共通の問題を見つけ協働してマジョリティの問題として社会に提起していかなくてはならないと常々思っています。

***********************
阪神⇒中越⇒中越沖 震災復興全国フォーラム
~多文化共生社会の実現に向けて~
***********************

日時:12月21日(金) 13:30~16:30
会 場:長岡リリックホール シアター(長岡市寺島町315)
定 員:350名(先着順)
参加費:無料

Section1:災害発生時の外国人支援ネットワーク

【パネリスト】(五十音順)
大野 慎一 氏(全国市町村国際文化研修所学長)
米谷 仁 氏((財)自治体国際化協会支援協力部長)
羽賀 友信 氏(長岡市国際交流センター長)
横井 博行 氏(独立行政法人 国際協力機構 国際緊急援助隊事務局職員)
吉富 志津代 氏((特活)多言語センターFACIL理事長)

【コーディネーター】
田村太郎 氏((特活)多文化共生センター大阪代表理事)


Section2:多文化共生社会の課題

【パネリスト】(五十音順)
杉澤 経子 氏(東京外国語大学多言語・多文化教育研究センタープログラムコーディネーター)
須田 麗子 氏((財)新潟県国際交流協会 元ボランティア相談員)
田村 太郎 氏((特活)多文化共生センター大阪代表理事)

【コーディネーター】

羽賀 友信 氏(長岡市国際交流センター長)

【その他】

◇12月21日(金)9:30~12:30まで(受付は9:00開始◇
平成19年度災害対策事例説明会 ~システムを活用するためには~
参加費:無料


◇12月21日(金)17:30~19:00◇

内 容:交流会(於:パストラル長岡) ~ネットワーク作りに~
定 員:100名
参加費:3,000円

◇12月22日(土)9:30~15:00◇

内 容:現地視察会(山古志地域、柏崎市周辺の被災地域の復旧状況の視察)
定 員:100名(先着順)
参加費:無料(昼食代650円)

申込み/問い合わせ:(財)新潟県国際交流協会まで
TEL 025(290)5650 FAX  025(249)8122 
担当:佐藤

テーマ : 災害復興
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。