スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非常に恥ずかしい日本政府の対応 ノーベル平和賞授賞式典出欠保留

こうした道義的な賞のイベントに関し、配慮する必要は全く無いのではないでしょうか?

大変、おめでたいイベントなのですから。

受賞者を出した国が、受賞の事実をどのように受け取ろうが、日本には知ったことじゃない。

このように前にでるべきところでしっかりと前に出ず、尖閣問題のように引くべきではない所で引くという政府の対応は、承知できません。

---

日本大使、出欠保留…ノーベル平和賞授賞式典
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101117-00000193-yom-pol

12月10日にオスロで開かれる中国民主活動家・劉暁波(りゅうぎょうは)氏(54)のノーベル平和賞授賞式典に招待された駐オスロ日本大使が、回答期限の15日を過ぎても出欠を「保留」していることがわかった
スポンサーサイト
事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。