スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公的制度を私物化するな

筆者 事務局

当事者団体への会員の誘い文句として、こう言って相手を騙している聴覚障害者がいます。

「当事者団体の会員でないものは、市町村の手話通訳派遣制度は使えないことになっている」

これは真っ赤なウソ。

原則その市町村に住んでいる聴覚障害者であれば、誰でも使えます。


当事者団体にとってみれば「自分らが努力して制度を勝ち得たのだ」といいたいのでしょう。

しかし、ウソは言ってはいけない、当然です。

いつから当事者団体は、自団体会員の利権を追い求めるようになったのでしょうか?

聴覚障害者全体の利益を考えているのではなかったのですか?

会員の利益しか追い求めない市民運動は、もはや市民運動とは言えない。

そんな運動に協力する人は、まずいない。


このブログをご覧の方は、おそらく聴覚障害関係の人が多いと思います。

特に日本語リテラシーの低い、高齢のろうあ者が騙されています。

そのような人に教えてあげてください、派遣制度使えるんだよ、と。
スポンサーサイト
事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。