スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反省(;_;)

筆者 ワークショップ講師

先日妙高で行った異文化理解のワークショップ。


聴者とろう者で自己開示の程度を比較するために

チェックシートを配布し記入してもらった。

例えば「自己紹介でバツイチだということを、初対面の人に話すことに抵抗はあるか?」

といった質問だ。

その場でデータをまとめて、数的に差がでれば面白い。

それを元に意見交換ができればと思っていた。



日本語が苦手なろうの人たちにも書いてもらった。

選択肢や穴あき文章を用意して、簡単に答えられるようにした。


ところが・・・


そういう人たちは、文面で自分を表現するということに大きな抵抗がある。

「間違ったら恥ずかしい」という気持ちが強いから。

そうなると、「正しい答え」を書かねばならないと考える。

自分の素直な気持ちやいつもの行動に照らして、選択してほしいのだが。



結果はどうなったかといいますと・・・


自己開示度は聴者の方が高い若しくは同じという結果が出た。

その後の話の展開に悩んだ(^^;

ろう者の方が高くなると踏んでいたからだ。


こうした簡易統計をとって、それを元に意見交換するには

・データの取り方を工夫(読み書きが苦手なろう者には、手話による聞き取り質問、等)
・ある程度の人数

が必要だということがわかった。

ろう者の参加者数が予定の半分になったことも一因だが、ネタ的に大失敗。

参加された聴者の皆さんからは酷評を頂いた。

反省(;_;)

スポンサーサイト
事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。