スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【講座の紹介】にほんご支援に関する企画をしたい人 集まれ!

にいがた多文化共生ネットワークのイベント案内です。
会場の市民センターには無料駐車場がありません。
駅から徒歩5分くらいなので、電車が便利です。

---

体験 日本語支援の企画から運営
~多文化共生型CSO人材養成講座~

地域日本語教室における企画や運営は、どのようにおこなわれているのでしょうか?
従来の人材養成講座では、教授法や日本語支援に関する心かまえ等がテーマの中心であり、団体運営やボランティアに関する基礎的なテーマが軽視されていたといえます。したがってそれらの講座を何回受けても団体運営等の知識が身につかず、市民本位の自立した継続的な活動に結びついていかないと考えられます。

活動資金はどうするの? 会費は? 広報は? 規約は? 会計は? 事務所は? 活動場所は? 自立した継続的な活動とは? 行政とのかかわり方は? 日本語教育と日本語支援の違いとは? 

上記のことについて説明してくれる日本語支援者養成講座ってあるのでしょうか?
今回はそんな疑問について実際の日本語支援者養成講座の企画をとおして参加者のみなさんと話し合いたいと思います。

■日 時:
第1回講座 9月 25日(土)11:00~17:00 
第2回講座10月 30日(土)11:00~17:00
第3回講座11月 27日(土)11:00~17:00
第4回講座 1月 22日(土)11:00~17:00 
  
■講師
佐脇奈都代さん(JICA 新潟県国際協力推進員) 
佐竹直子さん(青年海外協力隊OV) 
清水由美子さん(財団法人 柏崎地域国際化協会)
大出 恭子さん(コミュニティ・リーダーズ・ネットワーク、(特活)新潟NPO協会理事
松尾 恭子さん (公益社団法人 国際日本語普及協会)

■会 場:ながおか市民センター 3階 302会義室
(新潟県長岡市大手通2丁目2番地6/TEL:0258-39-2763)
(第3回講座のみ、1階 地球広場)           
■参加費:無料
■対 象:今事業に興味のある人。  
■定 員:15名

※平成22年度 文化庁「「生活者としての外国人」のための日本語教育事業(日本語指導者養成) 委託事業

主催・連絡先:にいがた多文化共生ネットワーク 
FAX:025-520-2739(担当:相澤)
スポンサーサイト

今月のおしごとランチのお知らせ

コミュニティ・リーダーズ・ネットワークの大出さんからご案内いただきましたので紹介します。

今回は場所が松代とのこと。
松代いいところですよねぇ。大地の芸術祭は毎回行っています。
そのほか温泉もあるし、おいしいそばもある(^^)

余談なんですが...

松代の駅(ほくほく線)には、お土産屋さんの他に、スーパーみたいなお店が併設されています。
昨年そこで、農家の方が作られたどくだみ茶の葉を買いました。一袋200円だったかな。
これが、美味しかった!おまけにどくだみ茶は体にもいいときてる。

それがきっかけで、我が家でも作ろうと思い、自家製のお茶を作り始めました。
今年は、畑の脇に生えていたドクダミで作ったお茶と、ゴーヤのお茶を楽しんでいます。

ゴーヤは刻んで天日に干して、カラカラになった後フライパンで炒ります。
お茶というより、ゴーヤコーヒーと言ったほうが近いかも。
麦茶やスポーツドリンクより、熱いゴーヤコーヒーの方が乾きが癒えるような気がしてます。

---

おしごとランチ「ワークショップ~体験をプロデュースする」

マクロビのランチを食べながら、アイスブレークやチームビルディングなど、
ワークショップの企画や運営、参加の事例・アイディアを持ち寄ります。
ほくほく線まつだい駅から徒歩1分です。

おしごとランチ「ワークショップ~体験をプロデュースする」
【日時】2010年9月8日(水)11:00~14:00
【場所】越後まつだい里山レストラン
(新潟県十日町市松代3743-1/まつだい農舞台2F)
【参加費】2000円+ランチ代各自
【お申込み】 025-788-0001(大出恭子)
【主催】CLN | コミュニティ・リーダーズ・ネットワーク
【くわしくは】http://www.c-l-n.jp/

おしごとシリーズは、事例やアイディアを持ち寄る交流と学びの会です。
曜日と時間とテーマを変えて、月に1回<地元のおすすめのお店>
で開催しています。

イベントご案内 おしごとランチ「メニュー開発」

コミュニティ・リーダーズ・ネットワークの大出さんよりご案内いただきました。

コミュニティ・リーダーズ・ネットワーク
URL http://www.c-l-n.jp/

----

おしごとランチ「メニュー開発」を開催します。
新しい商品やサービスのアイディアやヒントを参加者で持ち寄ります。
わくわくするメニュー、サプライズ商品、感動のサービスなど、今あるメニューを改良したり、新しい分野に挑戦したい人を応援します。

【日時】2010年6月12日(土)11:00-14:00
【場所】畑の茶処 おけや(新潟県南魚沼市西泉田351-1 たいやきともちゃん2F)
【参加費】2000円(+スペシャルランチ 1000円)
【お申込み】 025-788-0001(大出恭子)
【主催】CLN | コミュニティ・リーダーズ・ネットワーク
【くわしくは】www.c-l-n.jp

おしごとシリーズは、仕事のアイディアやヒントを持ち寄る交流と学びの会です。
お茶を飲みながらのおしごとカフェ、アフターファイブのおしごとゴハンなど、
曜日と時間とテーマを変えて、月に1回<地元のおすすめのお店>で開催しています。

イベントのお知らせ ~おしごと合宿「みんなのストーリー」~

朝青龍、とうとう引退してしまいました。正しい判断だったと思います。

さてコミュニティ・リーダーズ・ネットワークの大出さんからご案内いただきました。
場所は湯沢町です。お時間ある方ぜひご参加ください。

---

おしごと合宿「みんなのストーリー」

かねてから、「もっと時間を長くして欲しい」「泊りがけで開催して欲しい」
とご要望をいただいていました。おしごとシリーズ初の合宿です。
越後のお宿いなもとさんには、おしごとランチに参加いただいているご縁もあり、
大変お得な料金で利用させていただけることになりました。
同日開催の南魚沼市の雪まつりやスキー・スノーボードにも便利な場所です。
この機会にうおぬまの冬をぜひ満喫して下さい!

おしごと合宿「みんなのストーリー」
参加者の経験や将来の夢を持ち寄り、小冊子を作ります!
起業したあの人のストーリーや、仕事を楽しんでいるあの人のストーリーなど。

【日時】2010年2月14日(日)15:00~18:00 & 2月15日(月)9:00~12:00
【場所】越後のお宿いなもと(湯沢町湯沢2497/JR越後湯沢駅西口より徒歩1分)
【参加費】4,000円(お茶代込み)
*宿泊される方は2食付プラス10,000円
*日帰りで14日夕食をご希望の方はプラス5,000円
*どちらか1日のみ参加の方は2,500円(お茶代込み)
※2月10日(水)までにメールまたは電話でお申込み下さい。
【お問い合わせ】 025-788-0001(大出恭子)
【主催】CLN | コミュニティ・リーダーズ・ネットワーク
【くわしくは】http://www.c-l-n.jp/(PC・携帯対応)

おしごとランチは、仕事のアイディアやヒントを持ち寄る交流と学びの会です。
お茶を飲みながらのおしごとカフェ、アフターファイブのおしごとゴハンなど、
曜日と時間とテーマを変えて、月に1回<地元のおすすめのお店>で開催しています。

イベントご案内 ESCAPアジア太平洋・2009バリアフリー高山会議

筆者 事務局

高山市およびその他のコミュニティが学んだ経験をもとに、アジア・太平洋地域での包括的かつアクセシブルなコミュニティ創造と持続可能な発展のための手法と手段を研究することを目的に開催されるこのイベント。

国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)の社会開発部と岐阜県高山市の共催事業とのこと。急遽お声がかかり、行くことになりました。26日の午前にお話する予定です。

情報保障としては、英語、日本語、手話の同時通訳、要約筆記があるとのことです。日本では、なかなかそういう機会がないので、どうなるか楽しみです。

ESCAPアジア太平洋・2009バリアフリ-高山会議ウェブサイト
http://www.escaptakayama.com/index.html

■開催名称
ESCAP-Takayama 2009 Congress on the Creation of an Inclusive and Accessible Community in Asia and the Pacific: A Town Easy to Live in is a Town Easy to Visit
ESCAPアジア太平洋・2009バリアフリー高山会議:住みよいまちは行きよいまち

■開催期日
2009年11月24日(火)~26日(木)

■開催会場
岐阜県高山市 飛騨・世界生活文化センター
http://www.hida-center.jp/english/html/guide.html
TEL(+81)577-37-6161

■共催
国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)・岐阜県高山市

■後援
内閣府・外務省・国土交通省・岐阜県・日本障害フォーラム(JDF)・アジア太平洋障害フォーラム(APDF) 等

■開催スケジュール
1日目:オープニング、基調講演、高山市の取組み
2日目:高山市内視察とバリアフリー検証、アジア太平洋のバリアフリー化の現状と課題
3日目:高山プロトコール素案議論と採択、閉会式

■開催目標
・国際的にバリアフリー推進の趨勢・ニーズを確認する。
・「バリアフリー」に対する誤解をとき、その多面性を確認・検証する
・慈善・施しの「福祉」から、地域活性化・権利実現を支柱にした「福祉」への意識転換をはかる。
・高山市が地域のバリアフリー化を推進し、経済効果を挙げた成功要因を分析し、今後の課題と解決を明らかにする。
・アジア太平洋(北東アジア、東南アジア、オセアニア、南アジア、中央アジア)のバリアフリーの現状を学習する。
・「高山プロトコール」を採択し、今後のアジア太平洋バリアフリー化に向けた地域レベルの行動の計画に合意を図る。

■想定される参加者
・会議終了後に地域や自国に戻り、行動をおこす人
・バリアフリー優良実践例にかかわる関係者(行政・当事者・民間・開発援助機関、企業)
・観光、公共交通、建築、トイレ、情報の各分野、あるいはバリアフリー全域にかかわる業界団体、研究機関、運動団体
・これからバリアフリー推進が期待される発展途上国の行政と当事者

■参加登録
・登録は必要事項をご入力の上、オンラインかファックスにてお申し込みください。
 参加登録費:一般5,000円となります。学生・高山市民無料
*高山市民の方は高山市企画課KIKAKU@city.takayama.lg.jp へお申込みください。
*申込みを受け付けています。

■プログラム概要

(24日)

【演題】国際的なバリアフリー推進の枠組みと会議の目的、内容について
講師:秋山 愛子 氏(国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP) 社会開発部社会問題担当官)

【演題】国際的なバリアフリー推進の枠組みと会議の目的、内容について
講師:佐藤 章彦 氏(内閣府 政策統括官付参事官補佐)

【演題】バリアフリー・ユニバーサルデザインの多面性・柔軟性と地域発展
講師:田中 直人 氏(摂南大学 工学部 建築学科 教授)

【演題】高山市の実践報告-誰にもやさしいまちづくりの地域活性化
講師:土野 守 氏(高山市長)

【演題】高山市の次世代バリアフリー教育小学生のバリアフリー学習作文発表
講師:上 幸雄 氏(コーディネーター 日本トイレ研究所 代表)
   高山東小学校 児童

【演題】高山市モニター旅行参加者による体験と期待
コーディネーター 山本 誠 氏(飛騨高山東京事務所)

講師:
アラン・ヒル氏 (米国出身、車いす使用者)
劉 修博 氏 (中国出身、鉄道技術者)
久保田 道子 氏(NPO法人静岡県補助犬センター事務局長、盲導犬使用者)
松森 果林 氏 (UDコンサルタント、聴覚障がい者)

【演題】高山市内のさまざまな取組み
コーディネーター:上 幸雄 氏(日本トイレ研究所 代表)

○小学校におけるバリアフリー教育の実践と効果
講師:打保校長・反中教務主任(高山東小学校)

○障がい者の起業・雇用支援
講師:一本木 一裕氏(スクラム企画)

○ホテル事業者のUD化事例とホスピタリティ研修の効果
講師:古田 明弘 氏(高山グリーンホテル宿泊部 部長)

○タクシー事業者のUD化事例と効果
講師:野戸 修 氏(はとタクシー 社長)


(25日)

9:00~ 高山市内視察会(申込者のみ)

以下、14:00より

【シンポジウム1】アジア太平洋のバリアフリー検証(法制、実践の課題)と高山モデル

コーディネーター:田中 直人 氏(摂南大学 工学部 建築学科 教授)

コメンテーター:秋山 愛子 氏(国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP) 社会開発部社会問題担当官)

パネリスト1:ジョセフ・クワン氏(北東アジア代表 香港)
※国際ハビリテーション協会国際アクセス技術委員会(RI-ICTA) 会長

パネリスト2:ラタナチャイ・スッティチャナイ氏(東南アジア代表 タイ)
※パタヤ市議員 観光・スポーツ振興組合議長

パネリスト3:サンドラ・ロッダ氏(オセアニア代表 ニュージーランド)
※アクセスツーリズムニュージーランド マネージャー

パネリスト4:エルメック・コヌルバエフ氏(中央アジア代表 キルギス)
※キルギス共和国社会保障機関社会保障及び人道支援局責任者

パネリスト5:スニル・バーティア氏(南アジア代表 インド)
※全インドデザイン協会

(26日)

【シンポジウム2】バリアフリーの多面性について

コーディネーター:村瀬忍 氏(岐阜大学教育学部 准教授)

コメンテーター:田中 直人 氏(摂南大学 工学部 建築学科 教授)

9:00~ 

【演題】建築物・交通機関の課題
講師:
グラーム・ナビ・ニザマーニ氏(パキスタン、車いす使用)
※オール・サンガー・ハンディキャップス・アソシエーション(ASHA)コーディネーター

ナツィアティ・ビティモンド・ヤコブ氏(マレーシア)
※マレーシア大学建築環境学部建築学科 上席講師


【演題】生活と情報の課題
講師:ウィラマン・ニヨンポール氏(タイ、視覚障がい者)
※タイ・ラチャスダ・カレッジ 講師

【演題】心のバリアフリーとは
講師:
木島 英登 氏(木島英登バリアフリー研究所 代表、車いす使用)
植松 龍一 氏
荒木 巧也 氏

11:00~

【演題】農村地域のバリアフリーとは
講師:ウィン・ミャット・トゥー氏(ミャンマー・車いす使用)
※ミャンマー・シュエミンタ財団 代表

【演題】災害時・緊急時の対策
講師:迫 利広 氏(NPO法人H&Dエデュケーショナル事務局)

【演題】ジェンダーおよびアクセシビリティ
講師:ギギ・ルイス氏(フィリピン・車いす使用)
※フィリピン障がい者福祉局 局長

13:30~

・エスキャップアクセスハンドブックについて検討会
・講演者会合~会議の評価とESCAPの要望

14:40~
・高山市プロトコルについて検討・発表会

以上。

飛騨高山といえば、コレ!

講演会のご案内 長谷川達也氏 講演会

ろう教育を考える「飛躍の会」さんからご案内いただきましたので、紹介しますね。
12月は何かとイベントが集中する月ですが、ぜひご参加ください!
---

長谷川達也氏 講演会
~子ども達が生きいきと学べる、ろう教育を実現するために!~

ろう教育を考える「飛躍の会」では平成19年度4月の設立以来、聴覚障がい児(者)の積極的な社会参加と自立のために、地域や関連団体と連携協働したなかで、さまざまな活動を行っております。このたび、当会の目的の一つである「より良いろう教育環境の充実」を目指す活動の一環として、「長谷川達也氏講演会」を開催することとなりました。

聾学校の保護者、聾学校関係者はもとより手話関係者や一般の方々も対象にしております。
この機会にろう教育に関心を寄せていただき、皆様とともに考えたいと願っております。是非ともご参加いただきますようご案内申し上げます


<日時> 平成21年12月5日(土) 午後1時~3時30分(午後12時30分開場)

<場 所>  新潟市総合福祉会館 4F
地図:http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Orion/5828/fukushi.htm
〒950-0909 新潟市中央区八千代1-3-1 
TEL:025-248-7161

<講 師>  長谷川 達也 氏

<参加料>  無  料

主催:ろう教育を考える「飛躍の会」

◆長谷川 達也(はせがわ たつや)氏 プロフィール
 ◆1949年青森で生まれる
 ◆新潟県立新潟聾学校で27年間勤務し、2009年3月退職
 ◆全国手話通訳問題研究会委員
 ◆新潟県手話通訳問題研究会副会長
主な著書
 ◆「手話ここが知りたい学びたい」(全国手話通訳問題研究会)
 ◆「目からウロコの手話」(クリエイツかもがわ)

【後 援】 
社団法人新潟県聴覚障害者協会
社団法人新潟県聴覚障害者協会青年部
NPO法人新潟あさひの会
NPO法人新潟市ろうあ協会
新潟県立新潟聾学校日和山同窓会
新潟県立長岡聾学校同窓会
NPO法人H&Dエデュケーショナル
新潟市手話サークル連絡協議会
オヤケ医院

<お問い合わせ>
ろう教育を考える「飛躍の会」事務局
http://parents-niigata.com/

おしごとカフェ「チラシのデザインを工夫する!」開催のお知らせ(南魚沼市)

コミュニティリーダーズネットワークの大出さんよりご案内いただきましたので紹介しますね。

---
おしごとカフェ「チラシのデザインを工夫する!」開催

おしごとカフェ「チラシのデザインを工夫する!」開催のお知らせ

自作のチラシにひと工夫!客観的な視点で目的にあったチラシに近づけます。
地域の人たちが集う場として新設された蔵造りの図書館<八蔵資料館>を会場に
お茶を飲みながら、参加者の事例やアイディアを持ち寄ります。
CLNホームページのデザインをお願いしたcasa151Aさん(高野久美さん)をゲストにお迎えします。

*casa151Aさんのデザイン紹介
*自作チラシのビフォー・アフター
*参加者の交流

【日時】2009年11月17日(火)午後1時~4時
【場所】八蔵資料館(南魚沼市長森384)
【参加費】2000円(フェアトレードの飲み物付き)
【定員】10名(お申込み先着順)
【お問い合わせ】 025-788-0001(大出恭子)
【主催】CLN | コミュニティ・リーダーズ・ネットワーク
【くわしくは】http://www.c-l-n.jp/(PCから)
http://www.c-l-n.jp/mobile.htm(携帯から)

おしごとカフェは起業をテーマにした交流と学びの会です。
お昼を食べながらのおしごとランチ、アフターファイブのおしごとゴハンなど、
曜日と時間とテーマを変えて、月に1回<地元のおすすめのお店>で開催しています。


今後のスケジュール
◎12月16日(水)

興味があってご都合がつくようでしたら、ぜひ!参加のお申込みをお待ちしています。

講座案内 外国籍住民の支援について -支援者の在り方を考える

筆者 事務局

(財)新潟県国際交流協会さま からご案内いただきましたのでお知らせします。

---以下、講座案内

講座案内 外国籍住民の支援について -支援者の在り方を考える

(財)新潟県国際交流協会では、講師にMICかながわ理事長、静岡英和学院大学人間社会学部教授の鶴田光子氏をお迎えし、外国籍住民支援の在り方について考える講座を開催します。
参加は無料です。生活相談や日本語教室、外国人向け医療相談会など、外国籍住民支援を実施している皆様のご参加をお待ちしています。

○日 時 平成21年11月1日(日)  午後1時30分~3時30分

○会 場 万代島ビルディング6階会議室(新潟市中央区万代島5番1号)

○内 容
第一部:講演「外国籍住民の支援について-支援者の在り方を考える」 13:40~15:00
      講師:MICかながわ理事長・静岡英和学院大学人間社会学部教授 鶴田光子 氏 

第二部:意見・情報交換 15:00~15:30
    下越地区で外国籍住民支援を実施している団体の皆様を中心に、活動等についてテーマを設け、意見・情報交換を行います。関係団体の皆様以外の見学も可能です。

○参加費 無料(定員40名)

○申込み・問い合わせ先  (財)新潟県国際交流協会 ※電話またはFAXでお申し込みください。
 〒950-0078 新潟市中央区万代島5番1号 TEL:025-290-5650 FAX:025-249-8122

---以上、講座案内

MICかながわさんといえば、中国語、ラオス語などなど10ヶ国の言語に対応して医療通訳などの派遣をしているNPO。

医療、教育、司法、行政などの生活場面における通訳をコミュニティ通訳といいますが、まさしく手話通訳・要約筆記派遣は、日本人の音声日本語弱者対象のサービスであり、コミュニティ通訳と言えます。

いま在住している外国人の中に聴覚障害者がおり、日本語はおろか母国の音声言語も通じない、という人が実際に出てきています。このようなときは他団体との連携も必要になってきます。

そんなとき、障害者支援団体も、外国人支援団体も、自団体だけで固まっていると

・ここは日本人だけだから、おめっち外国人はカンケイネェ
・ここは外国人だけだから、おめっち障害者はカンケイネェ

ということになってしまいただでさえマイノリティの障害者・外国人の中にいるこうした人たちの支援がスッポリ抜け落ちることになります。

制度として十分確立された中で活動している聴覚障害関係者の経験が、外国人支援のノウハウのヒントになるのではないか?と考えています。さらに情報弱者の先達である聴覚障害者が、同じ日本語の弱者である外国人支援に当たることが、聴覚障害者自身の社会参加につながると思っています。

tag : 国際交流協会 コミュニティ通訳 外国人 マイノリティ MICかながわ 静岡英和学院大学

手話をもちいた日本語教室活動(前期講座)

筆者 事務局

今回にいがた多文化共生ネットワークの相澤さんのご努力で、この講座が実現しました。

いつも上越から、おつかれさんどす!!!>相澤さん

たのしくやっていきまひょ!

---
平成21年度 文化庁委託事業
「生活者としての外国人」のための日本語教育事業/日本語指導者養成
手話をもちいた日本語教室活動(前期講座)


従来の日本語支援者養成講座に手話指導のノウハウを加え、外国籍住民に対する日本語支援者を養成します。手話を通じた異文化体験をとおして、コミュニケーション力アップにつながる自己表現力が身につきます。

■日 時: 
 9月 13日(日)13:00~15:00(デモンストレーション)
 9月 26日(土)13:00~17:00
 9月 27日(日)10:00~17:00
                   
■会 場:ながおか市民センター(新潟県長岡市大手通2丁目2番地6)
           9月 13日(日)   → 1階 地球広場
          9月 26日(土)27日 → 3階 303会義室 

■講 師:
   足立 祐子さん(新潟大学 国際センター 准教授)
   迫  利広さん(NPO 法人H&Dエデュケーショナル 手話通訳士)
   松尾 恭子さん((社)国際日本語普及協会 所属講師)

■参加費:無料

■定員20名

■申込みはFAXかEメールにて、長岡市国際交流センターまで以下の内容をご連絡下さい。

・氏名
・連絡先・TEL
・メールアドレス               
・所属 
・参加希望日   

■連絡先
FAX:0258-39-2715
E-Mail:kouryu-c@city.nagaoka.lg.jp 

第3回 新潟県薬物依存症フォーラムのご案内

筆者 事務局

あのノリピーが覚せい剤!?誰がなんといおうと、ずえったい信じません。
いずれにせよ、早く出てきて欲しい!

<酒井法子容疑者>弟が覚せい剤使用容疑で逮捕…先月、福岡
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090808-00000019-mai-soci


臭いものにフタをしたままでは、いつまで経っても問題は解決しない。

明るみに出すことによって、初めて問題点が見えコントロールできるようになる。


新潟では、この薬物依存症の問題はまだまだ「臭いものにフタ」をされた状態。

そこで勇気を持って活動されているのが「新潟県薬物依存症者を抱える家族の会」さん。

その新潟県薬物依存症者を抱える家族の会さんからご案内いただきましたので掲載いたします。

10月10日(土)お昼から。場所は新潟青陵大学です。

---
第3回 新潟県薬物依存症フォーラムのご案内

テーマ「薬物依存症・ダルクって何?」

薬物依存症・ダルクって何?薬って止められないの?意思が弱いのかなー。ダルクって恐い所なの?ダルクなんかで薬は止められるの?その他色々な疑問を、今日、この会場であなた自身が感じとってください。


日時 平成21年10月10日(土)午前11時半受付 午後12時00分開演 午後5時終了
会場 新潟青陵大学 6号館6204室 (新潟市中央区水道町1-5959)
入場料 無料

主催 新潟県薬物依存症者を抱える家族の会・磐梯リカバリーハウス(ダルク)

詳細はこちら
http://www.yakkaren.com/forum/09.forum/09.niigata.kazoku.forum%20(2).pdf


---

<こうした問題について、感じていること>

NPOの活動を通して学んだことの1つは、「正しいことだから」と言って、正義の御旗を振りかざして突き進むだけでは、いつまでたっても理解されないということ。

緊急を要するときは、突き進むことも必要。でも地域の社会的認知を得ること、継続する事を考えれば、緊急を要する問題への処置は進めつつ、一つ一つ信用を築いて行かなくてはならない。


普通の人は、話を聴くとき、その話の論理性や正当性を見る前に、その話をしている人間自体がどういう人かをまず見る。

立派な事、正しい事を言っていても、その人間自体に信頼を置けるところがなければ話も信用されない。

「どんな事を言うべきか?」を考える前に「人として正しくあるか?」という普段のありようが大切なんだなと感じています。

私はまだまだです。

南魚沼でイベント:今月の『おしごとランチ』

コミュニティリーダーズネットワークの大出さんからご案内いただきましたので、ここでPRさせていただきますね。

---以下、ご案内

『おしごとランチ』

おしごとランチは起業家の交流と学びの会です。お昼を食べながらのおしごとランチ、仕事の後に集まるおしごとゴハン、お茶を飲みながらのおしごとカフェなど、曜日と時間、テーマを変えて、月に1回程度【地元のおすすめのお店】で開催しています。

今回のテーマは「大きな波に乗る~新潟県大観光交流年にできる小さな一歩」です。
天地人、国体、大地の芸術祭で喜んでもらえるおもてなしやリピートしたくなるアイディアを持ち寄ります。

【日時】2009年7月22日(水)11:30~14:30

【場所】ぶら坊(JR六日町駅東口駅前通り)

【参加費】1500円(昼食代別/各自ご注文の分をお支払い下さい)

【対象】起業やテーマに興味・関心のある方

【定員】15名

お申込みは7月18日(土)までにお願いします。希望者多数の場合は抽選とさせていただきます。

【お問い合わせ】 025-788-0001(大出恭子)

【主催】CLN | コミュニティ・リーダーズ・ネットワーク

南魚沼のイベント案内:第1回『子育てあそまなび』

コミュニティリーダーズネットワークの大出さんからご案内いただきましたので、PRさせていただきますね。

---以下、ご案内

第1回『子育てあそまなび』

子育てを楽しむヒントを参加者で持ち寄ります。お母さん、お父さん、子どもが好きな人、子育てに興味のある人、将来子育てをしたい人も大歓迎です。

【日時】2009年7月12日(日)10:00~11:30

【場所】稲倉ローズガーデン
(南魚沼市下原新田/詳細は参加者にご案内します)

【参加費】1000円(お茶付き)

【定員】12名(お申込み先着順)

【主催】CLN | コミュニティ・リーダーズ・ネットワーク

【共催】布ナプキンの会「初花」

【お問い合わせ】 025-788-0001(大出恭子)

起業家の交流と学びの会のご案内

コミュニティ・リーダーズ・ネットワークの大出さんからご案内いただきましたので転載します。
お時間ある方ぜひご参加ください!

---

おしごとシリーズは起業家の交流と学びの会です。
お昼を食べながらのおしごとランチ、仕事の後に集まるおしごとゴハン、
お茶を飲みながらのおしごとカフェなど、曜日と時間、テーマを変えて、
月に1回程度【地元のおすすめのお店】で開催しています。

今回のテーマは「一期一会~出会いを広げ、深めるために」です。
すでに起業をした人も、いつか起業をしたいと思っている人も、
参加者の事例やアイディアを持ち寄ります。

【日時】2009年6月23日(火)19:00~22:00
【場所】安穏亭(〒949-66111 南魚沼市坂戸79/温泉御宿「龍言」向かい)
http://www.ryugon.co.jp/
【参加費】1500円(お食事代別/各自ご注文の分をお支払い下さい)
【対象】起業やテーマに興味・関心のある方
【定員】20名
お申込みは6月20日(土)までにお願いします。
希望者多数の場合は抽選とさせていただきます。
【お問い合わせ】 025-788-0001(大出恭子)
【主催】CLN | コミュニティ・リーダーズ・ネットワーク
【共催】casa 151A(カーサいちごいちえ)

今後のスケジュール
◎7月22日(水)11:30-14:30 
おしごとランチ「大きな波に乗る~新潟県大観光交流年にできる小さな1歩」
ぶら坊 1,500円+ランチ代各自

お話しを伺えるのを楽しみにしています!

スモールビジネス~私にもできるプチ起業

コミュニティ・リーダーズ・ネットワークの大出さんからご案内いただきました。
お問合せは大出さん(025-788-0001)まで。

---
おしごとシリーズは起業家の交流と学びの会です。
お昼を食べながらのおしごとランチ、仕事の後に集まるおしごとゴハン、
お茶を飲みながらのおしごとカフェなど、曜日と時間、テーマを変えて、
月に1回程度【地元のおすすめのお店】で開催しています。

今回のテーマは「スモールビジネス~私にもできるプチ起業」です。
すでに起業をした人も、いつか起業をしたいと思っている人も、
参加者の事例やアイディアを持ち寄ります。

【日時】2009年5月24日(日)14:00~16:00
【場所】パン&カフェ ルージュ ブラン
(〒949-7101 南魚沼市五日町2341/国道17号五日町病院の交差点近くに看板が出ています)
【参加費】1000円(お茶代別/各自ご注文の分をお支払い下さい)
【対象】起業に興味のある方、テーマに関心のある方
【お問い合わせ】 025-788-0001(大出恭子)
【主催】CLN | コミュニティ・リーダーズ・ネットワーク
【共催】casa 151A

今後のスケジュール
◎6月23日(火)19:00-22:00 
おしごとゴハン「一期一会~出会いを広げ、深めるためにしていること」
安穏亭 1,500円+ごはん代各自

◎7月22日(水)11:30-14:30 
おしごとランチ「大きな波に乗る~新潟県大観光交流年にできる小さな1歩」
ぶら坊 1,500円+ランチ代各自

映画「チョコラ!」元気もらいました

ケニアのストリートチルドレンの日常を追ったドキュメント「チョコラ!」、長岡のシネマチャオで観てきました。

映画「チョコラ!」
http://www.chokora.jp/



チョコラとは、エーザイのチョコラBBではなく、キクユ語で「拾う」を意味する言葉。

ストリートでゴミを拾って暮らしている人々に対する蔑称だ。

しかし、映画に出てくる子供達の映像は、そうした惨めさは微塵も感じさせない。


この映画に出てくる子供で、親になんとかウソをつこうとするシーンがあるのですが

その時の目が、私の教え子の子供達がウソをつくときの目にそっくりで笑ってしまいました(^^)



「人間生きるために必要なものは、そんなに多くない」と思う今日このごろ。

聞こえない子供達に関わっていますが

「日本語の読み書きができない」「学校の統廃合」「人間関係」「情報保障」などなど・・・

そんな悩みや問題がちっぽけなものに思えてくる、痛快な映画です。

子供たちが元々持っている生きる力、バイタリティを感じさせてくれます。

5月9日から、北は札幌、南は沖縄まで、全国各地の映画館で公開予定。

公開予定
http://www.chokora.jp/schedule.html

映画監督は長岡市出身の小林茂監督。

tag : チョコラ ケニア 生きる力

妙高市でワークショップ行います

筆者 事務局

今年度、手話奉仕員養成講座修了された方々対象に、当会講師が異文化体験のワークショップを行います。異文化理解は自文化理解。自分では当たり前だと思っていることが、当たり前ではない人がいるかもしれません。交流活動を通じて、自文化に気づき、更に障害を文化の視点でみる目を養います。

日時:平成21年3月26日(木)19:00~21:00
場所:いきいきプラザ

内容:異文化体験ワークショップ
・自文化の気づき
・自己開示について
・非言語コミュニケーションについて
・ステレオタイプについて
・異文化シュミレーション・ゲーム

主催:妙高市ろうあ者福祉協会

キング牧師の演説 I have a dream



英語の勉強につかえます。


いよいよ明日から 日本語支援者養成講座

筆者 事務局

明日長岡市で開催する日本語支援関係者講座。「手話をもちいた日本語教室活動」 と題しまして日本語指導法のガイダンスや、ろう者講師による手話体験があります。当日飛び入りでも大丈夫なようなので、ぜひご参加ください。

私も講師の1人なのですが、まだ資料できあがってない・・・どうしよ

---

在住外国籍市民に対する日本語支援関係者および日本語ボランティア等に興味のある方を対象にした人材養成講座です。本講座では従来の日本語支援養成講座のプログラムに、情報権や異文化間コミュニケーションの視点より、聴覚障がい者(ろう者)の視点や手話など加え、伝えられない体験や日本語教室での実技を通してコミュニケーションのあり方を学習します。

■平成20年度 文化庁 地域日本語教育支援事業(人材育成)委託事業

■日 時:2008年 12月 7日(日)15:00~17:00(第1回)
     2009年  1月31日(土)13:00~17:00(第2回)
     〃    2月 1日(日)10:00~17:00(第3回) 
     (第1回講座は全講座内容紹介及び意見交換として実施済み)

■会 場:阪之上コミュニティセンター
(新潟県 長岡市 今朝白1丁目10-27 /TEL 0258-39-9302) 

■内 容
    ・1月31日①日本語支援に関する概論   ②手話に関する概論
       ・2月1日①日本語教室活動・在住外国籍市民からの視点
         ②手話に関する基本実技・聴覚障がい者からの視点
         ③手話をもちいた日本語教室活動

■講師
足立祐子(新潟大学 国際センター 准教授)
松尾恭子((社)国際日本語普及協会 日本語講師)
塚原和俊(手話講師、ろう者)
迫 利広(手話通訳士)

■参加費:無料
■定 員:30名
■申込み:(財)長岡市国際交流協会までお願いします。
        TEL:0258-39-2714/FAX:0258-39-2715

国際農業ジャーナリスト 兼坂さくらさん講演会のご案内

筆者 事務局

にいがた楽しい園芸活動普及実行委員会の家老さんからご案内いただきました。この会は私も参加させていただいておるのですが、家老さんをはじめ各分野で実績のある方が集まっています。ご都合のあう方ぜひご参加ください。

---

先般1月18日に新潟県胎内市 ロイヤル胎内パークホテルで開催された「農業分野における障がい者支援セミナー」の基調報告者でありますスイス在住の国際農業ジャーナリスト兼坂さくらさんをお招きして以下の要領で講演会を開催しますのでご案内申し上げます。
スイスの綺麗なスライドが沢山ありますので、ご家族連れも歓迎致します。なお、参加申し込みは必要ありませんので、直接会場へお越し下さい。多数の方々からのお越しをお待ち申し上げております。

1.期 日:2月1日(日) 午後 4時~6時 (開場:3時50分)
2.会 場:ながおか市民センター 地下1階 イベント広場

※駐車場 専用駐車場はありませので、周辺の市営・県営・民間の駐車場をご利用ください。最寄りの駐車場は、県営大手通り地下駐車場(30分160円)です。

3.内 容:スイスの紹介と写真を見ながらスイスを旅していただいて、街の緑化と「グリンケア」に出てくる施設の紹介です。造園関係や花のお好きな方用です。
※講演終了後、皆さんから質問をしていただきます。
なお、時間の都合で制限する場合もありますので予めご了解下さい。

4.参加費:無  料

5.備 考: 終了後、「兼坂さんを囲んでの会」を考えておりますので、ご希望の方は   受付の際にお申し込み下さい。(参加費は4,000円程)

6.問い合わせ:にいがた楽しい園芸活動普及実行委員会 
家老(かろう)まで  【携帯:090-1935-3447】                      
以上

手話講師養成セミナー受講生(ろう者)の感想

筆者 事務局

第1回、2回のセミナーの受講生(ろう者)の皆さんに講座終了後、感想を書いてもらいましたので以下に記します。興味もたれた方ぜひご参加ください。第三回のセミナー案内はこちら!

・講座を通じて、やっと講師としてやるべきことがわかってきました。

・ろう文化vs聴文化のグループ討論、手話サークルやろう者の中でもやるべきと思った(地元の対立的な人間関係をみて、特にそう思った)

・フリートークの時間、よかったです。

・現在の手話指導の現状、問題点について話し合うことができ、今後に生かしたいと思います。

・アットホームな雰囲気で楽しく受講できました。

・すごくためになりました。気になったことも質問できて、本当にちょうどいい流れだった。今度もやってほしいと思う。

・実際にナチュラルアプローチの指導方法を拝見でき、普通の指導方法と比較でき、大変よかった。

・このような講習会は(他には)ないので、教えてもらったことを大事にしていきたい。

グループに分かれて話し合い、まとめて発表するのが面白かった。

・聴者文化の発見ができた。

・手話について、手話言語学について、もっと知りたい(マウスジェスチャーについて)

・対応手話が身についている人に、日本手話を教える方法が知りたい。

・シラバスの作り方は参考になった。順番を決めることや、話を結びつかせる方法とか。
教え方にも順序があることを念頭に教えて行こうと思う。

・講師の心構えも大事なことが聞けた。日本手話を教えるにあたって、必要なことを聞けてよかった。

・ワークショップも盛り上がって、お互い理解でき、これから手話教師として活動する中で参考にしていきたい。

以上です。

第三回手話講師養成セミナー締め切り迫る!

手話講師育成セミナー事務局です。2月7、8日のセミナー、1月21日現在で13名の方のお申込みを頂いております。まだ定員まで余裕がございますので、ぜひご参加ください。
---
第三回手話講師養成セミナーのおしらせ

新潟県長岡市におきまして、手話教育に関する講義、ワークショップ、手話指導実習等を行います。新潟県外からのご参加も歓迎いたします。手話を指導されている皆さまの一助となれば幸いです

● 日時:平成21年2月7日(土)、8日(日)
※集合 7日(土)13:00、終了 8日(日)16:00(予定)

● 会場:ながおか市民センター
〒940-2108 新潟県長岡市大手通2丁目2番地6
※宿泊、食事代別途。宿泊場所は各自で手配のこと。

●参加費:5000円

●対象:日本手話の講師を目指す聴覚障害者・コーダ
※手話指導未経験者も可、学生2割引
※手話学習者は聴講生として参加可能(実技指導は受けられません)
※手話学習者は参加費3000円

● 開設コース
基礎コース ・・・ 初めて本セミナーに参加される方が対象です。
応用コース ・・・ 過去に本セミナーに参加された方が対象です。

●内容

○基礎コース
・【ワークショップ】手話指導などの悩み 意見交換
・【講義】手話の世界、ここが変だよ!
・【講義】日本手話とは?
・【講義】手話で手話を教える方法とは?
・【講義】手話講師の心構え
・【演習】手話を教えてみよう(体験)

○応用コース
・【ワークショップ】手話指導などの悩み 意見交換
・【講義】手話講師に必要な知識
・【演習】復習・表出トレーニングシラバス作成
・【演習】模擬講習会・評価

●定員 各コース15名 ※先着順

●講師) 日本手話会話スクール講師陣ほか

●〆切 平成21年1月30日(金)

※独立行政法人福祉医療機構「長寿・子育て・障害者基金」助成事業です。

------------------お申込み------------------------

・お名前
・受講生・聴講生の別
・ご住所
・E-mailアドレス
・FAX番号

をお記の上、FAXかメールで以下までお申込みください。
手話講師育成セミナー事務局
----
主催 特定非営利活動法人H&Dエデュケーショナル
〒940-0864 長岡市川崎6-1354-1
FAX 0258-36-3263
e-mail hdeducational@gmail.com

【講演会】『くびき野市民活動フェスタ』はどのように運営されてきたか

※平成20年度長岡市市民活動助成事業です。
行政に依存した市民活動祭が多い中、上越地域で開催されている「くびき野市民活動フェスタ」は、市民団体の相互協力の元行われている、全国的にも稀な運営スタイルをとっています。

この「市民の、市民による、市民のための」協働イベントは、どのように運営されているのか。その運営方法について、くびき野市民活動フェスタ事務局長の近藤さんにお話いただきます。皆さんの地域の市民活動まつりの参考にしていただければ幸いです。

日時:9月27日(土)夜6時~9時
場所:長岡市中央公民館401教室
講師:くびき野市民活動フェスタ事務局長 近藤 尚仁氏
内容(予定):
6:00~7:00 くびき野市民活動フェスタ参加者意見交換会
7:00~9:00 講演・質疑応答(講師 近藤 尚仁氏)
※講演会後、有志の懇親会を予定しています。
参加費:500円
お申込み:不要です。直接会場にお越しください。
お問合せ:050-1398-2615(FAX兼用)

Eメール office@chuetsu.org
主催:ながおかの市民活動を考える会
(代表世話人 NPO法人H&Dエデュケーショナル事務局 迫利広)

テーマ : NPOの仕事
ジャンル : 福祉・ボランティア

座談会のご案内(上越市)

筆者 事務局

くびき野市民活動フェスタ2008で開催されるイベントの一環として、今週金曜に外国人支援団体の方々と座談会を行います。ご都合つく方ぜひご参加ください。日頃、先天性の聴覚障害の子供達と付き合っていますが、先天性聴覚障害の場合、日本語の読み書きに苦労している方が多く、日本語の言語弱者という点では日本語を母語としない在日外国人と共通した問題を抱えています。在日外国人の人たちが抱える問題について学んで行きたいと思っています。

---

座談会のご案内
~とーく&トーク 障害学における言語支援について~
※くびき野市民活動フェスタ2008参加事業です。

日時:8月8日(金)13:30~15:30
場所:上越市民プラザ第七会議室
参加費:無料
定員:10名
連絡先: にいがた多文化共生ネットワーク
025-520-2739

日本語がわからない人、聞こえない人に関する座談会です。

ゲスト:
足立祐子(新潟大学)
迫利広(手話通訳士)
石塚洋子(上越日豪協会)

主催:にいがた多文化共生ネットワーク

◆◇◆市民活動井戸端会議のご案内◆◇◆

筆者 事務局

国籍の違い、肌の色の違い、言葉の違い、障害がある等の理由で、社会参加できていないとしたら、まずそう思う人間が積極的に様々な人たちとのつながりを作り、かつそのネットワークのまとめ役をすることで、自分のみならず同じような他のマイノリティの人たちの社会参加をバックアップしていくという方法もある。

マイノリティが、チャレンジできるのに、それをせず、マイノリティの中に留まったままで、『社会参加できない』などと叫び、他人のせいにするのは論外。

ネットワーク作り、できるところから、やっていきます。

---
◆◇◆市民活動井戸端会議のご案内◆◇◆

★私の熱い思いを聞いて欲しい!という人★
★市民協働の時代に何をなすべきか!と考えている人★
★市民活動の仲間が欲しい!という人★
そういう皆さん、語り合える場があります。

今回は、第4回目ということで、今年のくびき野市民活動フェスタの企画を元に、自分達の活動に参考になるものを考えたいと思います。

■テーマ
長岡の市民活動について考える
~08くびき野市民活動フェスタ(上越地域)の企画から学ぶ~
■日時 平成20年7月8日(水)夜7時より
■場所 長岡市中央公民館406教室
■〒940-0072 長岡市柳原町2番地1
■対象 市民活動をしている方/関心のある方
■申込 不要です。当日会場までいらしてください。
※宗教関係の宣伝・勧誘目的のご参加はご遠慮ください。
■主催 ながおかの市民活動を考える会

※『ながおかの市民活動を考える会』は、長岡市民活動祭での出会いがきっかけとなり、長岡の市民活動を盛り上げていこうという旨に賛同した団体が集まって結成しました。平成20年度は長岡市市民活動助成事業として、くびき野市民活動フェスタへのバスツアーを企画しております(参加費1000円の予定)。バスツアーのお問合せは、メールにてtour@chuetsu.org、または下記代表世話人まで。

お問合せ TEL/FAX050-1398-2615(代表世話人 H&Dエデュケーショナル事務局)

テーマ : NPOの仕事
ジャンル : 福祉・ボランティア

妙高市でお話してきます

妙高市の手話奉仕員を目指す方々対象のお話に呼ばれました。行ってきまーす(^^)

日時 平成20年5月31日(土)10:00~
場所 妙高市いきいきプラザ
内容 手話の基礎知識
主催 妙高市

2月は、手話奉仕員入門講座を修了された方対象のお話でしたが、今回はこれから手話を学ぼうという皆さん対象のお話です。

先日インターネットで
「ベビーサイン」「シニアサイン」というのがあるのを知りました。

●現在、聴覚障害の子どもが手話を習得できる機会がないのに、優先すべきは、聴覚障害の子ども達への取り組みではないか!!!!

●日本手話がなかなか言語として認められず、結果日本手話話者の人格が認められて来なかったことの一因は、こうしたピジン手話(「ベビーサイン」「シニアサイン」も日本語対応手話の1つですので、音声言語とのチャンプル手話といえる)と混同されてきたためではないか!!!

内心このように思ったりするのですが・・・こうした事書くと、「あの~あなたは、ろう文化とか日本手話を過激に主張する某デフテロリストグループのお仲間ですか?」と訊かれそうですが(^^)、違います。

一歩さがって客観的に考えますと、こうした「目で見る言葉」が聴覚障害者だけでなく、一般の人たちにも有効な手段であるとPRしていく戦略は、視覚言語が社会的地位を得るという上では有効なのではないかな?

現実問題、誤解されても当然という心の余裕を持つ中で、いかに自分達の言語権を守っていくかを考えていくということが必要なのではないかと感じています。

今回は「これから手話を学ぼう」という方々対象のお話なので、柔らかい話に納めようと思っています。

理解のプロセスは、”興味を持ってもらう”所からしか始まりませんし。

ラジカルに主張していくと、以下のような話になってしまうと思う。

●話が飛びますが、異文化理解について。

「結局異文化を完全に理解することはできない」・・・異文化理解の基本的な所ですよね。

例を挙げて、説明します。

A文化とB文化という異なると言語を持った人たちが同じところで暮らしているとする。

A文化は多数派、B文化が少数派。

B文化は少数派ゆえになかなかA文化の人たちに理解してもらえない。

そこでB文化の人たちが、自分達の文化について、ラジカルに主張したとする。

その意見は少数派であるが故に、A文化の心ある人たちが理解しようとする。

しかしその理解は、あくまでA文化の中での価値観でしか行えないために、A文化の人たちが理解した文化は、B文化とは異なる、B'文化となる。

そうするとB文化の人たちは、善意に基づいて認知されたB'文化を攻撃しなくてはならない。

そうこうしているうちに時間の経過とともにB文化も変容していき、B''文化となる。

そうすると今度は、B''文化になった仲間を攻撃するか、B文化に何か特別な価値を与えて、B文化に同化しなければ、その価値を享受できないとする。

結局、ラジカルにB文化を主張する人たちは、意見を異にする人たちを攻撃することでしか、自らの文化を主張できなくなる。

そこに「被害者意識」と「B文化に帰依することに自分の存在意義を感じる精神」が持ち込まれたら、もう宗教戦争。

テーマ : 手話
ジャンル : 福祉・ボランティア

☆手話講師育成セミナーのご案内☆

☆手話講師育成セミナーのご案内☆

※独立行政法人福祉医療機構「長寿・子育て・障害者基金」助成事業です。

新潟県長岡市において手話講師育成セミナーを開催いたします。手話を指導している皆様の指導スキル向上のために、ぜひご参加ください。

■開催日時:
1回目 2008年7月19日(土)、20(日)、21日(月・祝)
2回目 2008年10月11日(土)、12(日)、13日(月・祝)
※3日間の講座を2回開催いたします。

■集合時間・場所
7月19日13:00までに、会場までお越しください。
<会場>リバーサイド千秋2F フェニックスホール
〒940-2108 新潟県長岡市千秋2丁目278番地
http://www.riverside-senshu.com/

■タイムスケジュール

◇7月19日(土)
13:00~13:20 開講式・オリエンテーション
13:20~15:20 「手話って、でたらめ!?下品!?」
15:30~17:00 「異文化コミュニケーション論」
17:10~18:00「手話の仕事はボランティア!?」
18:00~19:00 (夕食・休憩)
19:00~21:00「手話は言語である(手話言語学)」 

◇7月20日(日)
10:00~12:00 「手話は言語である(手話言語学)続き」
12:00~13:00 (昼食・休憩)
13:00~15:30「ろう文化と聴文化(ろう者と聴者のマナーの違い)」
15:40~18:00「手話講師の心構え」
19:00~ 交流会

◇7月21日(月・祝)
10:00~12:00「ナチュラルアプローチ理論」
12:00~13:00 (昼食・休憩)
13:00~15:00「シラバス作成(演習)」

※10月のスケジュールは後日お知らせいたします。

■受講生対象:日本手話の講師を目指す聴覚障害者、コーダ
※手話指導未経験者も可
※聴者は聴講生として参加可
※聴講生は原則見学のみで実技指導を受けることはできません。

■受講生定員:20名

■参加費:¥20,000(6日間全日程)
※連続講座ですので、2回参加が原則です。
※1回目のみ、あるいは2回目のみの参加は¥15,000
※学生は2割引です。

■講師
長岡技術科学大学 松田真希子氏(異文化コミュニケーション論)
日本手話会話スクール講師陣、他

■お申込み方法:

※下記フォームよりお申し込みください。
手話講師育成セミナーのお申込みはこちら

・お申込み後、手話講師育成セミナー事務局よりお振込先等のご案内をお送りします。
・参加費のお振込みをもちまして参加受付といたします。

■申込締切:2008年7月11日(金)

■宿泊及び食事について:参加者各自で手配願います。

■お問い合わせ 本サイト左メールフォームより、お問合せください。

■主催 特定非営利活動法人H&Dエデュケーショナル

※聴者の皆さんは聴講生としてご参加いただけます。但し手話通訳はつきません。(定員は10名、先着順、参加費は¥10,000、1回のみの参加は¥5,000、学生は2割引です。)

※聴講生(聴者の皆さん)は原則見学のみで実技指導を受けることはできません。

※本事業は、独立行政法人福祉医療機構「長寿・子育て・障害者基金」助成を受け、「聴覚障害者の職業開拓事業」の一環として開催しております。

※事業の背景 新潟には健聴者が手話を勉強できるところは沢山ありますが、聴覚障害者が手話の指導方法を学べるところが皆無に近い状態です。これまで手話指導者の質がままならない状態が続いた結果、フォーリナートーク程度の手話ができる人は沢山いるのですが、通訳が可能なレベルの手話ができる人が限られてしまっています。この事業は、手話指導を聴覚障害者の職業とすることを将来的なビジョンとして据え、まずは手話指導の専門性をもった人材を養成するために行います。

テーマ : 福祉のプロを目指す
ジャンル : 福祉・ボランティア

魚沼市手話奉仕員養成講座(基礎課程)開催のご案内

チラシはこちらです(pdfファイル 145KB)

魚沼市の手話通訳サービスを担う人材の養成を目的に手話奉仕員の養成講座を開催します。講義と聴覚障害者によるわかりやすい実技指導を行います。

【日時】6月6日~11月21日 毎週金曜日 全23回19:00~21:00
※7月4日、8月15日はお休みです。

【場所】
小出ボランティアセンター 2階研修室内
〒946-0011 新潟魚沼小出島1240-2

【対象】
以下のいずれかの方が対象になります。
①相手の簡単な手話が理解でき、手話で挨拶、自己紹介程度の会話が可能な方
手話奉仕員養成講座入門課程を修了した方
③過去に魚沼市で手話講習会を受講した方
魚沼市外にお住まいの方も参加可能ですが、魚沼市在住者が優先です。

【参加費】5,000円 

【定員】30人 (先着)

【締切】5月23日(金)必着

【申込先】魚沼福祉課障害福祉係
※お名前、ご住所、ご連絡先をお知らせください。

・お電話の場合 025-797-4802
・FAXの場合 025-797-4155
・電子メールの場合 melado.jpg

※携帯メール、フリーメールからは届かない場合があります。  
・往復はがきの場合 往信裏面に「手話講座申込み」と記入のうえ、住所、氏名、連絡先、返信宛名を記入して下記住所まで郵送して下さい。
〒946-0292魚沼市須原520番地 魚沼市福祉課障害福祉係

【主催】魚沼市福祉課 
【事業受託者】 NPO法人H&Dエデュケーショナル

テーマ : 手話
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 手話 新潟 魚沼 聴覚障害 難聴 小出 ボランティアセンター 福祉課

長岡長生ライオンズクラブさんで講演

長岡長生ライオンズクラブさんから講演依頼がありましたので、行ってきます。
テーマはお任せということなのですが、講演後に懇親会がおありのようなので
おいしいお酒が飲めるようなお話がいいのではないかなと思っています。

日時:平成20年3月18日(火)18:30~
場所:ホテルニューオータニ長岡
テーマ:子供達のセミリンガルの問題について(仮題)
主催:長岡長生ライオンズクラブ

テーマ : NPO
ジャンル : 福祉・ボランティア

講演会案内「美しい地球を子どもたちに」

全国各地で地球環境問題について講演されているNPO法人ネットワーク「地球村」代表 高木善之さんの講演会のご案内です。この講演会の手話通訳は当会から派遣の予定です。

日時:1月20日(日)13:20-16:00(12時50分開場)
場所:小出郷文化会館小ホール(新潟県魚沼市干溝1848‐1)
講師:高木善之氏(NPO法人ネットワーク「地球村」代表)
聴講料:500円
主催:
「美しい地球を子どもたちに残そう」実行委員会
NPO法人魚沼交流ネットワーク

講師略歴:1947年大阪府生まれ。松下電器に28年間勤めた後退職し、講演や執筆活動に専念。「美しい地球を子どもたちに」と呼びかけ現在、地球環境、生き方、人間関係に関するセミナー、講演、企業研修、執筆活動を展開している。

チケット:魚沼市内ではヘアショップASAHI、プロミストランド、蔦屋書店、タナカ薬局、おくらや、馬場書店、山五商店、つるや商店、道の駅いりひろせ、越南プリンティング、アートプリント角越で扱われている。

申し込み、問い合わせ:
NPO法人魚沼交流ネットワーク《電》025-792-1336(平日の10時~18時)へ。

テーマ : 地球温暖化防止
ジャンル : 福祉・ボランティア

阪神⇒中越⇒中越沖 震災復興全国フォーラムのご案内

筆者 事務局

長岡市国際交流協会さんからご案内いただきました。私も参加予定です。
障害関係で災害の話をすると、どうしても「支援者」と「被支援者」という立場に分かれてしまい「お互いに助け合う」という共助の視点が落ちてしまいがちです。その結果お互いのエゴ、責任のなすり付け合いがはじまってしまう。それは外国人の支援でも同じようなことがおきているようです。

マイノリティはマイノリティのままでいてはいけない。共通の問題を見つけ協働してマジョリティの問題として社会に提起していかなくてはならないと常々思っています。

***********************
阪神⇒中越⇒中越沖 震災復興全国フォーラム
~多文化共生社会の実現に向けて~
***********************

日時:12月21日(金) 13:30~16:30
会 場:長岡リリックホール シアター(長岡市寺島町315)
定 員:350名(先着順)
参加費:無料

Section1:災害発生時の外国人支援ネットワーク

【パネリスト】(五十音順)
大野 慎一 氏(全国市町村国際文化研修所学長)
米谷 仁 氏((財)自治体国際化協会支援協力部長)
羽賀 友信 氏(長岡市国際交流センター長)
横井 博行 氏(独立行政法人 国際協力機構 国際緊急援助隊事務局職員)
吉富 志津代 氏((特活)多言語センターFACIL理事長)

【コーディネーター】
田村太郎 氏((特活)多文化共生センター大阪代表理事)


Section2:多文化共生社会の課題

【パネリスト】(五十音順)
杉澤 経子 氏(東京外国語大学多言語・多文化教育研究センタープログラムコーディネーター)
須田 麗子 氏((財)新潟県国際交流協会 元ボランティア相談員)
田村 太郎 氏((特活)多文化共生センター大阪代表理事)

【コーディネーター】

羽賀 友信 氏(長岡市国際交流センター長)

【その他】

◇12月21日(金)9:30~12:30まで(受付は9:00開始◇
平成19年度災害対策事例説明会 ~システムを活用するためには~
参加費:無料


◇12月21日(金)17:30~19:00◇

内 容:交流会(於:パストラル長岡) ~ネットワーク作りに~
定 員:100名
参加費:3,000円

◇12月22日(土)9:30~15:00◇

内 容:現地視察会(山古志地域、柏崎市周辺の被災地域の復旧状況の視察)
定 員:100名(先着順)
参加費:無料(昼食代650円)

申込み/問い合わせ:(財)新潟県国際交流協会まで
TEL 025(290)5650 FAX  025(249)8122 
担当:佐藤

テーマ : 災害復興
ジャンル : 福祉・ボランティア

事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。