スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障害児の教育について政治家と話していて、感じること

筆者 事務局

障害児の教育について、政治家と話していて、感じること。



「障害児の学力が低くて何が問題なのか?低いのは当然だ」という偏見があること。



そのため障害児教育の質が低くても、問題視しない。

ま、保護者にも同じような人間は沢山いるが。
スポンサーサイト

指導の心構えについて~生徒のせいにしてはいけない~

筆者 事務局

学習支援をする中で、他の生徒さんの数倍の労力をかけて指導したのに、生徒の力が上がらないときがある。

そんなときの指導者の心構えとして、私がいつも心に留めて置いている事。

---

生徒の力が上がらない原因を

・生徒の努力が足りない
・保護者や学校の先生の教育が悪い

など、他人のせいしてはいけない。


生徒が努力しても、保護者や先生が一生懸命やっても、力が上がらないから
私が指導しているのだ。

それで力が上がらなければ、それは教えている私の力不足。

---

一方、手話教育の世界では生徒の力があがらない理由を、生徒のせいにしてしまう教師が、残念ながら多い。

指導者を養成をしている人たちが、そういう態度を見せているのも一因と思う。

・生徒の力があがらないのは、生徒の頭に日本語があるせいだ。
・生徒が授業のルールを守らないからだ。
・生徒に言葉のセンスがない。
・生徒が歳をとりすぎている。

として、生徒のせいにしてしまう。

「生徒の力があがらないのは、自分の力量不足だ」という謙虚な姿勢の手話教師に、会ったためしがない。生徒を評価することに関しては、得意なようなんですがね。。

なぜそんなに傲慢になれるのか、フシギに思っていた。

これでは、ろう学校の生徒を動物扱いにした、昔の口話主義者の教師と同じではないか。


手話指導をする前に、手話を指導する心構え・哲学が必要なんだと思う。

それが、いま、ない。

「先輩にやれと言われたから、リーダーにやれと言われたから」と、仕方なく指導している人間がいかに多いことか。

「情報弱者の情報保障・啓蒙活動・権利擁護」という、従来のろうあ運動の哲学では、もう支えられない。

「情報弱者の情報保障・啓蒙活動・権利擁護」という思想に基づいた指導では
・手話学習者の心の中に「かわいそうな聴覚障害者のために、手話を覚えてあげる」という意識を
植えつけてしまう。

手話奉仕員指導者テキストを読んでいて、そんなことを感じませんか?

そして、「手話を覚えてあげる」という善意の手話学習者や通訳者への反発として
・ろう者の文化や言語の主張
・生徒を評価することには熱心
・生徒を自分の弟子のように扱う
という態度が出てきて、広まっていく。

手話を言語だとするならば、手話というマイノリティの言語を教育する意義を当事者みずから熟考してもらい、新たな哲学を生み出してもらいたい。


(以下、独り言)

...手話を指導するろう者が、ろう者の世間だけをみて、そこに安住して活動しているうちは、何もかわらないのだろう。

車の両輪とかなんとかで、黙ってても色々やってくれるおせっかいな支援者が多いことも、ろう者がろう者世間に安住してしまうことの一因。

何かあれば、尻拭いしてくれる人が沢山いるから、読み書きができないような人を団体の事務局につけるというようなことも平気でできるんだろうなぁと思う。。

一度吸った支援者依存の甘い蜜からは、なかなか離れられない。

ろう者の仲間は大切。でもそこに安住してしまうと、社会一般からみて非常識なことでも、「これが定説だ」となり、それが常識だと信じてしまう。ライフスペースのように。

マルチ商法とか新興宗教が、ろう者世間の中で瞬く間に流行ってしまうのも、そうした視野の狭さが一因だと思う。
「マイノリティの言語を、それを母語としない人たちに指導する」という視点をもつことで、他のマイノリティの音声言語の問題と比較でき、大きな視野に立つことできる。

その視点に立てば、ろう者が置かれている環境や、行政に支えられている手話教育がいかに恵まれているかが、よくわかるはずなのですが...

...ろう者世間の意識改革は、ろう者でさえも諦めていること。

せめて問題提起だけはしておこうと思う。

世界ろう教育国際会議 年表

世界ろう教育国際会議、1970年以降は5年に一回開催されています。
その年表です。

回数 和暦 都市 開催国 西暦
第1回 明治11年 パリ フランス 1878
第2回 明治13年 ミラノ イタリア 1880
第3回 明治16年 ブリュッセル ベルギー 1883
第4回 明治26年 シカゴ アメリカ 1893
第5回 明治33年 パリ フランス 1900
第6回 明治38年 リーゲ ベルギー 1905
第7回 明治40年 エディンバラ スコットランド 1907
第8回 大正14年 ロンドン イギリス 1925
第9回 昭和8年 ウエストトレントン アメリカ 1933
第10回 昭和25年 グロニンゲン オランダ 1950
第11回 昭和33年 マンチェスター イギリス 1958
第12回 昭和38年 ワシントンDC アメリカ 1963
第13回 昭和45年 ストックホルム スウェーデン 1970
第14回 昭和50年 東京 日本 1975
第15回 昭和55年 ハンブルグ ドイツ 1980
第16回 昭和60年 マンチェスター イギリス 1985
第17回 平成2年 ロチェスター アメリカ 1990
第18回 平成7年 テルアビブ イスラエル 1995
第19回 平成12年 シドニー オーストラリア 2000
第20回 平成17年 マーストリヒト オランダ 2005
第21回 平成22年 バンクーバー カナダ 2010

文法中心主義はダメよ

筆者 事務局

手話指導で文法を過度に強調する人たちがいるので、ちょっとカキコ。

ある言い回しや言葉があって、それが正しいかどうかは
「文法」によって裏付けられるのではなく
「権威」によって裏付けられる。

日本語でも文法規則から外れているような単語や言い回しがあるが
それが正しいとされるのは、国や研究者など権威者のお墨付きがあるから。

手話でも同じようなことが起こる。

手話指導の権威的存在が、広く使われている表現であるのにも関わらず「この表現は文法から外れているから間違いだ」と言って、それによってその表現が間違いとなった場合

それは
「文法から外れているから間違い」なのではく
「権威者が間違いと言っているから間違い」になる。


つまり
「権威者の恣意的な操作で、正しくもなるし、間違いにもなる可能性がある」

ということ。学術的根拠はその権威に箔をつけるための材料でしかなくなる。


文法の指導はあくまで「学習者の言語習得を助けるもの」という視点がなければ、学習者にとっては百害あって一利なし。

「言語の権威付け」「母語話者の自己満足」の為に、文法を持ち出しては、学習者はたまったものじゃない。

手話学習者を「治療の対象」として扱うような手話指導者は、ろう者世間やマスコミではチヤホヤされるかも知れませんが、一般の手話学習者からは排除されるでしょう。

聴覚口話法で受けた教育のリベンジを、手話指導に持ち込んじゃいかんよ。

リベンジは、自分の恩師にやっとけ。

子供は逃げ場がない

筆者 事務局

大人は自由だ。

嫌なことあれば、飲みにもいけるし

車があれば、ドライブにだって、サッといける。

会社にだって、四六時中拘束されているわけじゃない。


その点子供は不自由だ。

時間的には自由かもしれないけど

行動範囲が制限される。


誰にも知られずに

おもいっきり泣きたいとき

子供はどこにいけばいい?

親に心配かけたくない子は

どこで泣けばいい?


家と学校の間

だれにも心配かけないところ

でも友達や近所の人に見つからないところで

顔を伏せて、心の中で泣くしかない。

ホメると怠け始める理由

筆者 事務局

事故は気合じゃ防げない JR西の「人為ミス研究」脚光
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/japan_railway/?1246233423


脱線事故を起こしたJR西日本が、人為ミスがどのようにして起こるのかを分析して一冊の本にした。

人為ミスはどこでもおきるものとして、様々な自衛隊や病院、航空会社など畑違いの分野でも職員教育に取り入れられているという記事。

この中で興味深かったのが、JR西日本安全研究所が行った実験だ。

①上司役が積極的にコミュニケーションを図り、良好な人間関係を形成したグループ

②上司役が人の話を無視し、悪い関係を形成したグループ


の2つのグループに対して

簡単な作業をさせ、上司が部下を褒めると、どうなるか?


①の良好な人間関係を形成したグループは、どんどん作業を工夫した。しかし

②の悪い人間関係を形成したグループは、工夫度合いが減退していった


結論は「人間関係ができていなければ、褒めることも逆効果」という話。

いたずらに褒めればいいという話じゃない。


自分が誰かさんの部下だった時の事を考えれば、それも当然かな?と思う。

上司が部下の話をきかないということは、上司が部下に対して盲目的に押し付けている何かがあるということ。仕事に対する態度、やり方、考え方など。

そういう状況で褒められるという事は、部下にとってみれば「現状維持」を求められている以外にない。

下手な考え休むに似たりで、余計な事はしないほうがいいと考える。

「現状維持」さえしていればいいという考えは、慣れを生み、いかに手を抜くかを考えはじめる。そうなると、工夫度合いも減退してしまう。

これを今の活動に置き換えて考えてみると・・・

聴覚障害の子供達は、ホメられると逆に怠けてしまう子が多いように感じている。

私自身が「ホメられて伸びる」タイプの子供だったので、なぜそうなるのか、なかなか理解できずにいた。

「ホメられると怠けてしまう」

なぜそうなるのか、このニュースにヒントがあると感じた。

そういう子の多くは小さい時から周りの人たちとのコミュニケーションが十分に図れず、一方的に親や先生から叱られてきた子供達が多いように感じる。

人とのつながりができていなければ、ホメられると、そこがゴールになってしまい、それ以上の努力をしようとしない。

ホメても力がでないという子に対しては

「教える側、大人側が、子供と良好な関係を作れていないということ」

なんだなと、と思うことにしよう。

ネットゲーム廃人 廃人でも生きれてしまう日本はやっぱり幸せな国

<ネトゲ廃人>【1】バーチャルに生き、現実世界で生きられない人、増える
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090624-00000009-maiall-soci

これはニュースのタイトルが悪いな。

「現実世界で生きられない人」ではなく、PCの前に向かっている方が楽しい人ということだと思う。

昔学生のとき、ゲームのやりすぎで1年ダブっている先輩がいたが、面白い人だった。

卒業後は普通に会社員をやっている。



昔は今のような、車や電車などの、簡便な移動手段がないから行動範囲は非常に狭かったと思う。

今の”引きこもり”や、この”ネトゲ廃人”と言われる人たちと行動範囲も同じぐらいかも知れない。


昔と違うのは、”生きるための活動をしなくても、生きれてしまう”こと。

ネットゲームだって、電気代や通信代、毎月数千円かかっているはず。

そのお金、廃人には稼げないだろう。家族が払っているから、こうした生活が続けられる。


廃人なることを補強する環境があるってことで、それはそれで幸せだと思う。

廃人という言い方よくないなぁ。

”ネトゲバカ”でいいんじゃない?

本当の廃人に失礼。

「うちの子は障害者なんだから助けてもらって当たり前でしょ!」という親になんと言うか

筆者 事務局

いつもお世話になっているナベパパさんに頂いたコメントからテーマ頂きました。

子供支援を始めたころは、一人でも多くの子供や保護者の方を助けられればと思っていました。

しかし、どんなに子供が大変な状況にあっても、保護者と協力関係が作れなければダメなんだということが、色々経験してわかりました。

もし「うちの子は障害者なんだから助けてもらって当たり前でしょ!?」なんていう親がいたら、なんていうかな?

H&Dの教育サービスを受ける人なら、そういうお客様は、他に行って頂くことになると思う。



でも、この保護者の意識、間違いなく子供に悪影響及ぼすのではないかい?

そういう子は大きくなっても、自尊心を持つことが出来ず、文句さえ言っていれば誰かが何とかしてくれると期待するようになるんじゃないかな。

そうして今の手話通訳者の人たちが当事者との付き合いで、苦労する羽目に陥る訳ですな。

北海道教委の試み

筆者 事務局

北海道新聞(平成20年3月5日付)
「日本手話」できる教員養成へ 道教委が全国初 生まれつきのろう者に対応
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/education/79665.html

北海道は昔ながらの口話教育で特に有名な地域。そこがこのような斬新なことを始めること自体がオドロキ。ひとまず評価しましょう、パチパチパチ。

”日本手話で意思疎通できる教員を「数年内に十人前後まで増やす」(同課)のが目標という。”
とのこと。はて、そう簡単にいくだろうか?

私たちは教育行政に任せておけないと考え、7年前から日本手話での学習指導をやってきた。

その頃はある聾学校では、子どもに対して手話を使う教員は、飛ばされるという状況だった。実際に飛ばされていた。

子どもに手話を覚えさせた保護者は、学校で教員から差別を受けてしまう事もあった。

こういうこと書くと、保護者から「過激なことは書くな」とクレームがくるので、この辺でやめときます(^^; でも本当のことですから。

長渕剛じゃないけど、”やるなら今しかねぇ”そう思ってこれまでやってきた。

日本語対応手話、日本手話の違いなどということを一般の人に話しても、新潟では肝心のろう者や手話関係者、聴覚障害者団体、保護者でさえ関心持たない話でした。

関係者でも関心のない問題ですから、行政と交渉しても、改善までには相当の時間がかかると予想した。地元の聴覚障害児教員養成大学も聴覚口話法一辺倒であったし。

とにもかくにも目の前の子供達に全力で当たってきた。

聾学校は、他の普通学校の教育人事システムと一緒になっている所が殆どなので、内部で力を持っている先生は、勤続年数の長い聴能担当の先生か、定年寸前の年輩の先生。この人たちは、手話を習得する努力をするよりも、手話ができないことを正当化しようと努力をする人たちが多い。

若い先生でセンスのある先生なら身につくかもしれないが、でも3年経ったら異動。

北海道の試み、対処療法で終らなければいいのですが・・・

250マンくらいつけたくらいで、なんとかなるなんて思わないほうがいいぞ>北海道教委。

久しぶりに毒づいているな、私。

テーマ : 聴覚障害者
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 北海道 日本手話 聾学校 ろう教育 新潟

日本語教育支援 シンポジウム

筆者:事務局

H&Dエデュケーショナルから事務局がパネリストとして参加します。

先天性の聴覚障害児・者は日本語リテラシーに問題を抱えているケースが多いです。特に手話の方が日本語よりも使いやすいという人たちにとっては、日本語は第二言語と言えます。

H&Dエデュケーショナルでは、先天性の聴覚障害児対象に日本語を指導していますが、以下の2点
①第二言語としての日本語指導という点
②生活言語の指導という点
において、外国人対象の日本語教室との共通点が多々あります。そこで連携を深めて行きたいと考え、にいがたNGOネットワークさんとお付き合いさせて頂いてきましたが、この度縁ありましてパネリストを引き受けることとなりました。

言葉は学校だけで身につけるものではなく、子供が出会う人、1人1人との出会いの中で身についていくものです。地域社会のあり方と子供の言語獲得の問題は切っても切り離せません。外国人の日本語リテラシーの問題も同様だと思います。その意味でこうした、分野を越えた話し合いは意義があると思っています。

---以下案内

日時:平成19年12月2日(日) 13:30~17:30
場所:長岡市立劇場 2階 小ホール
参加費:無料
定員:100名(事前申込必要 申込期間 11/1~11/28)
その他:託児、手話通訳有り

プログラム
①在日外国人相談事業報告
●報告者 川室京子さん(上越国際交流協会)、横山陽子さん(にいがたヘルプの会)
②在日外国籍市民インタビュー
●コーディネータ
○松尾恭子((社)国際日本語普及協会 )

③パネルディスカッション
テーマ「地域連携による副拠点のあり方」

●キーワード:多文化のまちづくり、子育て支援、手話、コーチング、異文化コミュニケーション、他分野との連携、拠点・副拠点
●コーディネータ:寺尾仁さん(新潟大学 工学部 准教授)
●コメンテータ:足立祐子さん(新潟大学 国際センター 准教授)
●パネリスト: 佐竹直子さん(長岡子育てライン三尺玉ネット)
迫 利広さん((特活)H&Dエデュケーショナル)
大出恭子さん(コミュニティリーダーズネットワーク)

④全体協議(質疑応答・意見交換)

主催:にいがたNGOネットワーク
共催:長岡市、(財)長岡市国際交流協会
後援:新潟県、(財)新潟県国際交流協会、新潟市、上越市、新潟日報社、朝日新聞新潟総局、読売新聞新潟支局、長岡新聞社、ケーブルテレビNCT、FMながおか

テーマ : 新潟県
ジャンル : 地域情報

講演会案内「子どもの心と親の心」

筆者 事務局

昨年夏に村松町で行いました「こどもサインランゲージアカデミー」に講師としてこられた葵学園の本田先生からご案内頂きました。私は障害を持つ子供達と関ってきましたが、保護者の方々と話しますと、他の兄弟もなんらかの障害を抱えていたり、不登校等の状況にあったりという様子を伺い知ることがあります。保護者の皆さんの支援のためには、支援する側がネットワークを持ちニーズにあったところを紹介することで、保護者の皆さんの負担を減らし、そのことが結果として子供達にもプラスになるのではと考えています。講演会ぜひご参加ください。

-------

教育講演会のご案内

青葉を渡る風も爽やかに感じられるころとなりました。皆様がたにおかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。さて、この度、長岡市教育委員会、葵学園の後援を頂きまして、下記の通り、教育講演会を開催することになりましたのでご案内申し上げます。
講演には、精神保健福祉士の今井楯男先生が、不登校やひきこもりに悩む保護者や指導にあたる先生に、思春期の子どもをもつ家族関係などについて、予知や対処法、また対策といった内容でお話しくださいます。皆様ご多忙のことと思いますが、この機会に、関心をお持ちの方、および学校関係者の多数のご来場をお待ち申し上げますので、万障お繰り合わせの上、よろしくご参加の程をお願い申し上げます。

日時 平成18年6月4日(日) 13時~
会場 長岡中央図書館 2F
参加費 無料
講演 「子どもの心と親の心」

講師
心の相談室「メンタル&ライフサポート長岡」
新潟福祉医療専門学校 専任教員 今井楯男氏

主催:たんぽぽの会
後援:長岡市教育委員会、葵学園

※入場は無料ですが、会場の都合により、入室できない場合もございます。
※出来ましたらこちらの用紙で予約をお願い致します。

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

行ってきました造形大学!

目的 キャンパス見学会
日時 平成18年4月4日(火)
場所 長岡造形大学

筆者 事務局(今回引率しちゃいました)

学生作品をみてフムフム


造形大よかったです、引率した私が入りたいくらいでしたヮ~(^^)

続きを読む

テーマ : 受験
ジャンル : 学校・教育

新潟県内大学のキャンパス見学日程

今年度の平成17年度の見学、体験会の日程を以下に記しました。学校により事情は異なると思いますが、今年度も例年どおり開催される所が多いのではないかと思います。目安としてご利用ください。

平成17年度実績(複数回の場合は初日を記載)
○ご協力 今井啓介さん(上越市)

続きを読む

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

難聴児のノートテイク派遣検討会を終えて

報告者 検討会世話人(当会事務局)

日時 平成18年3月18日(土)13:00~15:00
場所 ながおか市民センター302号室

16名の参加を得まして行われましたノートテイク派遣検討会、このような集まりは初めてのため、まずは①保護者の顔合わせ②難聴児の問題についてボランティアや市会議員さんに知ってもらう、を目標にしましたが、保護者の皆さんや、先生方のおかげで、無事達成できたと思います。

参加されたメンバーは難聴児を持つ保護者の皆さん、長岡市会議員2名、小学校の特別支援教育コーディネート担当の先生、難聴教育の専門の先生、要約筆記者、手話通訳者といった方々のご参加を頂きました。

話の内容は、保護者の皆さんから子供の現状とこれまでの動きを、そして難聴教育専門の鷲尾先生から、ボランティアの皆さんにも分かりやすく難聴児の問題についてお話して頂きました。世話人の私からは、他県、市の小中学校のノートテイクの派遣例等を説明させていただきました。

同じ難聴といえども子供達が必要なニーズは子供により異なり、ノートテイクをつければ問題が解決するというわけではありません。
まずは当事者と難聴児担当の先生が、教育委員会等を通しクラスの担当の先生に難聴児の理解と授業の工夫を促し、学校側として最大限の努力をして頂いた上で、教員だけではどうしても難しい所をボランティアが協力していくというのが、やはりこの保守的な長岡の地にはふさわしいのではないかという感想を持ちました。

続きを読む

食育のススメ

「食育」という言葉をきいたことはありますか?お子さんをお持ちの聴覚障害者の皆さん、ぜひご参加くださり一緒に「食」について考えましょう。手話通訳ご希望の方は会場設営の都合がありますのでe-mail:hdedu_office@yahoo.co.jpまでご連絡下さい。

日時  3月20日 (月) 19:30開始
場所  中央公民館(柳原分庁舎) 長岡市柳原町2-1
講師  加藤弘美さん 上級食育指導士
表題  「食育のススメ」  

続きを読む

テーマ : 聴覚障害者
ジャンル : 福祉・ボランティア

難聴児のノートテイク派遣検討会

以下、ご案内いたします。主に長岡市とその周辺市町村の普通学校に通っている難聴児を持つ保護者の方々が集まります。参加希望の方は資料コピーの都合がございますので、hdedu_office@yahoo.co.jpまでご連絡ください。
※なお手話通訳、要約筆記ご希望の方は事前に連絡ください。

----------------------

普通学校に通う難聴児のノートテイク派遣検討会のお知らせ

続きを読む

テーマ : 障害児と生きる毎日。
ジャンル : 育児

講演会案内「日本の農業と長岡の現状」

長岡市議桑原さん主催の勉強会です。手話通訳がつきます。手話通訳ご希望の方は会場設営の都合がございますので、hdedu_office@yahoo.co.jpまでご連絡ください。

1月の市政勉強会は、高石恒一さんから日本の農業のあり方を
中心に教育問題、介護・老人対策、若者のモラルなど多方面にわ
たってご講演頂きます。皆様のご参加お待ちしています。
日時 1月16日(月)19:30開始
場所 中央公民館(柳原分庁舎)長岡市柳原町2-1
講師 高石恒一さん (高石商店社長)
表題 「日本の農業と長岡の現状」

-----------------------------------------
ブログ(日記)ほぼ毎日更新中!
桑原 望(くわばらのぞむ)事務所
〒940-0071 新潟県長岡市表町1-4-3
TEL/FAX 0258-37-3969
e-mail: nozomu@pop21.odn.ne.jp
http://blog.livedoor.jp/nozomu2061/(活動報告blog版)
http://blog.livedoor.jp/nozomu69/ (復興ブログ)
http://blog.livedoor.jp/yume224/(子育て奮闘記)
-----------------------------------------

★当法人の政治関連の手話通訳者派遣の姿勢・意図★
情報弱者の多くも選挙権を持っているにもかかわらず、実際は政治家1人1人の政策や思想を知るのに困難な状況があり、事実上選挙権を行使できない状況にあります。H&Dエデュケーショナルは、所属党派、会派に関わらず、情報弱者に対して自らの政策を積極的に情報発信、情報保障をしようと尽力されている政治家の皆さんに手話通訳者を派遣しています。お問合せはTEL:050-1398-2615まで
事務局まで

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語教材サイト
アクセス数
先人の知恵


presented by 地球の名言
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー

プロフィール

H&Dエデュケーショナル事務局

  • Author:H&Dエデュケーショナル事務局
  • 当会は障害や、不登校等の問題、在日外国人の子供達等マイノリティの子供達を支援する非営利組織です。平成13年から活動を開始し、これまで主に重度の聴覚障害を持つ子供達の支援活動を続けて参りました。
ブログ/Webサイト紹介
障害・病気について知る
ブログ内検索
RSSフィード
検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。